・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?

適度な運動  ・コレステロールは必要なものです  ・生活習慣を見直せば肥満も改善できます

 更新遍歴  

体脂肪を増やさない外食の工夫
昼食は自分で作った弁当、朝食、夕食は自炊が理想的ですがどうしても外食が多くなる人はそれなりの工夫を行い上手な外食をしましょう。外食のメニューを工夫して体脂肪を増やさないことが大切です。

スクワットと踏み台運動
筋肉が増えれば基礎代謝量が増えます。基礎代謝量が増えれば食事で体に入ったカロリーを消費していく量が増えるので痩せやすくなります。筋肉を増やすためには毎日の地道な努力が必要です。

理想のダイエット食
理想のダイエット食は、ボリュームが有り美味しく、カロリーは低くてしかも肉や魚も食べられることです。ダイエットに最も適している食事は、糖尿病の治療食です。糖尿病の治療食は、カロリーが低く抑えられてしかも栄養のバランスが良くなるように考えられているからです。

食べ過ぎを防ぐ簡単方法で体脂肪を減らす
食べ過ぎれば簡単に体脂肪が体についていきます。体脂肪を運動で減らすよりも、食べ過ぎな習慣を見なおして余分な体脂肪を減らすほうが簡単です。食べ過ぎないためには、食べる量を減らすだけでなく食べ物のストックを減らしておくことも大切です。

体脂肪を増やさないお酒の飲み方
毎日の楽しみの一つがお酒という人も多いと思います。お酒にもカロリーがあり基本的にお酒は高カロリーであるということを覚えておきましょう。

糖質の摂り過ぎに注意しましょう
糖質は摂り過ぎると体脂肪に変わるのでダイエット中は注意が必要です。特に注意が必要になる糖質は、果物やお菓子、アイスクリーム、清涼飲料水に使われている単純糖質です。単純糖質は太りやすい糖質なので注意しましょう。

体脂肪が増えにくい食事の作り方
油を使った料理は美味しいので食べ過ぎてしまいがちですが、カロリーはとても高いのでダイエットにはむいていません。しかしビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどのビタミン吸収には適度な油が欠かせません。脂の取り過ぎは禁物ですが料理のちょっとした工夫で脂のとりすぎを防ぐことも出来ます。

寝る前の食事と体脂肪
寝る前には食べないことが大事です。寝る前に食べたものはエネルギーとして消費される量が少ないので確実に体脂肪になります。カロリーが高ければ高いほど体脂肪になる量も増えていきます。

体脂肪を食事改善で減らす方法
健康的に体脂肪を減らしてダイエットするためには、大切な筋肉や骨を減らさないことが大切です。しかし短期間の過激なダイエットや特定の食品だけのダイエットでは筋肉も落ちてしまいます。

自宅10分、筋肉トレーニング
筋肉トレーニングのイメージ葉、ジムで大きなおもりを使い頑張るイメージかもしれません。筋肉トレーニングはダンベルやバーベルを使わなくても自分の体の負荷だけで十分な効果が期待できます。

簡単ウォーキングでダイエット
ウォーキングのメリットはいつでもどんな時でもできることです。殆どの人が出来る有酸素運動の代表です。ウォーキングは有酸素運動の中では運動強度が低いので体の負担も低くはじめての有酸素運動にはピッタリです。

運動を取り入れてダイエット効果を上げる
ダイエットをスムーズに成功させるためには、食事制限だけよりも運動を取り入れたほうが効果が高くなります。運動はジムに通うと効果が高くなりますが、自宅で出来る適度な運動でも十分に効果が期待できます。

成功するダイエットは長期計画で
短期間で直ぐに結果を求めてしまうダイエットですが、成功するためには長期的な計画で行うダイエットが成功の秘訣です。

消費エネルギーが多くなれば体脂肪は減ります
食べ物からタンパク質、糖質、脂質などの栄養を体に取り入れます。これが摂取エネルギーです。毎日の生活で使うのが消費エネルギーです。摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れると体に体脂肪がたまったりします。

肥満よりも怖いリバウンド
ダイエットに成功してもいつの間にか体重が元に戻ることをリバウンドといいます。リバウンドは短期間で無理なダイエットを行ったり短期間で過激なダイエットに挑戦したりすると起こりやすい現象です。

体脂肪を上手に減らすダイエット
ダイエットの基本で減らすのは体重ではなく体脂肪です。体脂肪が減った結果として体重が落ちるので体脂肪を減らすことは体重を減らすことにつながります。

体脂肪がついて肥満になる理由
肥満に関係する遺伝子は40種類以上あるとされています。どれか一つの働きにより親から子供へ肥満体が遺伝するかといえばそうとは言い切れません。

体脂肪と肥満の病気
体に体脂肪が多くなり肥満になると標準体重の人よりも様々な病気になる可能性が高くなります。体に体脂肪を蓄積することで負担が増えていくことが理由になります。

体の体脂肪は体脂肪計でわかります
自分の体にどれくらいの体脂肪が付いているか知ることはとても重要です。体脂肪は市販されている体脂肪計で計測することが簡単にできます。

肥満家族と肥満の子供
肥満家族の子供は肥満が多いのが事実です。肥満の原因として家族の遺伝は大きな要因です。両親が太っている場合は子供もかなりの確率で肥満です。母親だけが肥満の場合でも半分以上の確率で子供は肥満です。

体脂肪と肥満のタイプ
同じ肥満でも体脂肪がどこに付いているかで肥満のタイプを分けることが出来ます。お腹の周りの上半身に体脂肪が付いているのはリンゴ型肥満、下半身に付いているのが洋梨形肥満です。

脂肪細胞について
肥満の要因になる脂肪細胞は、胎児期と乳児期、思春期に数が増えるとされています。脂肪細胞の数が増えれば太りやすくなります。一度増えてしまった脂肪細胞は成人してから多少増えることがあっても減ることはありません。

体脂肪について
体脂肪はいらないものではありません。体に蓄えられた脂肪は生活を遺事するエネルギー源としてとても大切なモノです。体脂肪はいらないものではありません。

ヌルヌル食品で体力向上
ヌルヌル、ネバネバ自体は有用な成分を含んでいなくても、ヌルヌルした食品には健康に有効な成分を持つ食品が多くあります

無理なく歩いてダイエット
ダイエットの方法としてジョギングがありますが、ジョギングは意外に激しい運動です。運動不足の人や体重の重い人がいきなり始めると膝に大きな負担がかかるので注意が必要になります。

お肉とコレステロール
肉類の食べ過ぎは健康上問題があります。しかし肉類を食べないと不健康になることもあります。

野菜サラダのドレッシングに注意
ダイエット中にカロリーが低い野菜サラダを食べる方も多いと思います。あっさりしているので脂肪分が少なく野菜はカロリーが低い食べ物だからです。しかし野菜サラダで注意が必要なのがドレッシングです。

食前酒の効果
お酒の飲み過ぎはいろいろな障害を引き起こします。特に肝臓に大きな負担をかけてしまいます。肝臓に負担をかけて肝硬変の原因の人湯になります。常にお酒を飲んでいるとアルコール依存症などの問題も出てきます。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

コレステロールの基礎知識
 ・コレステロールと健康診断
 ・コレステロールとは
 ・2種類のコレステロール
 ・悪玉LDLコレステロール
 ・コレステロールと病気
 ・コレステロール値が上がる理由
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・メタボリックシンドロームとの関係
 ・肥満とコレステロールの関係
 ・脂質異常の疑いがあるとき
 ・脂質異常の治療方法
 ・漢方で高コレステロール改善

コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
 ・コレステロール値を上げる食品
 ・お肉の調理方法
 ・お肉の上手な選び方
 ・ハンバーグの作り方
 ・卵とコレステロール
 ・乳製品とコレステロール
 ・中性脂肪と糖質
 ・食物繊維でコレステロール予防
 ・抗酸化物質とコレステロール
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール
 ・大豆のたんぱく質
 ・魚の脂肪、IPAとDHA
 ・脂質とコレステロール
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ

運動習慣とコレステロール
 ・運動でコレステロール改善
 ・コレステロールを下げる有酸素運動
 ・運動は自分のペースで無理なく
 ・有酸素運動とウォーキング
 ・簡単筋トレで運動効率UP
 ・運動前トストレッチ
 ・生活の中で運動を増やす

生活習慣の改善
 ・タバコとコレステロール
 ・水で血液サラサラ
 ・早寝早起きの習慣
 ・ストレスと脂質異常
 ・お風呂でリラックス

動脈硬化情報
中性脂肪情報
コレステロールと中性脂肪
肝臓の機能
生活習慣を見直せば肥満も改善できます

一ヶ月5000円ダイエット体験談
3ヶ月間、単純な食事で6キロダイエットに成功




メールフォーム サイトマップ 更新遍歴 リンク集

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。