健康第一 コレステロール情報 更新遍歴

体脂肪を増やさない外食の工夫
昼食は自分で作った弁当、朝食、夕食は自炊が理想的ですがどうしても外食が多くなる人はそれなりの工夫を行い上手な外食をしましょう。外食のメニューを工夫して体脂肪を増やさないことが大切です。

スクワットと踏み台運動
筋肉が増えれば基礎代謝量が増えます。基礎代謝量が増えれば食事で体に入ったカロリーを消費していく量が増えるので痩せやすくなります。筋肉を増やすためには毎日の地道な努力が必要です。

理想のダイエット食
理想のダイエット食は、ボリュームが有り美味しく、カロリーは低くてしかも肉や魚も食べられることです。ダイエットに最も適している食事は、糖尿病の治療食です。糖尿病の治療食は、カロリーが低く抑えられてしかも栄養のバランスが良くなるように考えられているからです。

食べ過ぎを防ぐ簡単方法で体脂肪を減らす
食べ過ぎれば簡単に体脂肪が体についていきます。体脂肪を運動で減らすよりも、食べ過ぎな習慣を見なおして余分な体脂肪を減らすほうが簡単です。食べ過ぎないためには、食べる量を減らすだけでなく食べ物のストックを減らしておくことも大切です。

体脂肪を増やさないお酒の飲み方
毎日の楽しみの一つがお酒という人も多いと思います。お酒にもカロリーがあり基本的にお酒は高カロリーであるということを覚えておきましょう。

糖質の摂り過ぎに注意しましょう
糖質は摂り過ぎると体脂肪に変わるのでダイエット中は注意が必要です。特に注意が必要になる糖質は、果物やお菓子、アイスクリーム、清涼飲料水に使われている単純糖質です。単純糖質は太りやすい糖質なので注意しましょう。

体脂肪が増えにくい食事の作り方
油を使った料理は美味しいので食べ過ぎてしまいがちですが、カロリーはとても高いのでダイエットにはむいていません。しかしビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどのビタミン吸収には適度な油が欠かせません。脂の取り過ぎは禁物ですが料理のちょっとした工夫で脂のとりすぎを防ぐことも出来ます。

寝る前の食事と体脂肪
寝る前には食べないことが大事です。寝る前に食べたものはエネルギーとして消費される量が少ないので確実に体脂肪になります。カロリーが高ければ高いほど体脂肪になる量も増えていきます。

体脂肪を食事改善で減らす方法
健康的に体脂肪を減らしてダイエットするためには、大切な筋肉や骨を減らさないことが大切です。しかし短期間の過激なダイエットや特定の食品だけのダイエットでは筋肉も落ちてしまいます。

自宅10分、筋肉トレーニング
筋肉トレーニングのイメージ葉、ジムで大きなおもりを使い頑張るイメージかもしれません。筋肉トレーニングはダンベルやバーベルを使わなくても自分の体の負荷だけで十分な効果が期待できます。

簡単ウォーキングでダイエット
ウォーキングのメリットはいつでもどんな時でもできることです。殆どの人が出来る有酸素運動の代表です。ウォーキングは有酸素運動の中では運動強度が低いので体の負担も低くはじめての有酸素運動にはピッタリです。

運動を取り入れてダイエット効果を上げる
ダイエットをスムーズに成功させるためには、食事制限だけよりも運動を取り入れたほうが効果が高くなります。運動はジムに通うと効果が高くなりますが、自宅で出来る適度な運動でも十分に効果が期待できます。

成功するダイエットは長期計画で
短期間で直ぐに結果を求めてしまうダイエットですが、成功するためには長期的な計画で行うダイエットが成功の秘訣です。

消費エネルギーが多くなれば体脂肪は減ります
食べ物からタンパク質、糖質、脂質などの栄養を体に取り入れます。これが摂取エネルギーです。毎日の生活で使うのが消費エネルギーです。摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れると体に体脂肪がたまったりします。

肥満よりも怖いリバウンド
ダイエットに成功してもいつの間にか体重が元に戻ることをリバウンドといいます。リバウンドは短期間で無理なダイエットを行ったり短期間で過激なダイエットに挑戦したりすると起こりやすい現象です。

体脂肪を上手に減らすダイエット
ダイエットの基本で減らすのは体重ではなく体脂肪です。体脂肪が減った結果として体重が落ちるので体脂肪を減らすことは体重を減らすことにつながります。

体脂肪がついて肥満になる理由
肥満に関係する遺伝子は40種類以上あるとされています。どれか一つの働きにより親から子供へ肥満体が遺伝するかといえばそうとは言い切れません。

体脂肪と肥満の病気
体に体脂肪が多くなり肥満になると標準体重の人よりも様々な病気になる可能性が高くなります。体に体脂肪を蓄積することで負担が増えていくことが理由になります。

体の体脂肪は体脂肪計でわかります
自分の体にどれくらいの体脂肪が付いているか知ることはとても重要です。体脂肪は市販されている体脂肪計で計測することが簡単にできます。

肥満家族と肥満の子供
肥満家族の子供は肥満が多いのが事実です。肥満の原因として家族の遺伝は大きな要因です。両親が太っている場合は子供もかなりの確率で肥満です。母親だけが肥満の場合でも半分以上の確率で子供は肥満です。

体脂肪と肥満のタイプ
同じ肥満でも体脂肪がどこに付いているかで肥満のタイプを分けることが出来ます。お腹の周りの上半身に体脂肪が付いているのはリンゴ型肥満、下半身に付いているのが洋梨形肥満です。

脂肪細胞について
肥満の要因になる脂肪細胞は、胎児期と乳児期、思春期に数が増えるとされています。脂肪細胞の数が増えれば太りやすくなります。一度増えてしまった脂肪細胞は成人してから多少増えることがあっても減ることはありません。

体脂肪について
体脂肪はいらないものではありません。体に蓄えられた脂肪は生活を遺事するエネルギー源としてとても大切なモノです。体脂肪はいらないものではありません。

ヌルヌル食品で体力向上
ヌルヌル、ネバネバ自体は有用な成分を含んでいなくても、ヌルヌルした食品には健康に有効な成分を持つ食品が多くあります

無理なく歩いてダイエット
ダイエットの方法としてジョギングがありますが、ジョギングは意外に激しい運動です。運動不足の人や体重の重い人がいきなり始めると膝に大きな負担がかかるので注意が必要になります。

お肉とコレステロール
肉類の食べ過ぎは健康上問題があります。しかし肉類を食べないと不健康になることもあります。

野菜サラダのドレッシングに注意
ダイエット中にカロリーが低い野菜サラダを食べる方も多いと思います。あっさりしているので脂肪分が少なく野菜はカロリーが低い食べ物だからです。しかし野菜サラダで注意が必要なのがドレッシングです。

食前酒の効果
お酒の飲み過ぎはいろいろな障害を引き起こします。特に肝臓に大きな負担をかけてしまいます。肝臓に負担をかけて肝硬変の原因の人湯になります。常にお酒を飲んでいるとアルコール依存症などの問題も出てきます。

ぬるめのお風呂で血圧改善
血圧の高い人が倒れてしまうのはお風呂に入っている時や風呂あがりの時が多いと言われています。これにはしっかりとした理由があり熱いお風呂が好きで長湯の場合、血圧が上がるのでもともと血圧が高い人は動脈硬化を引き起こしやすく命の危険につながります。

お肉と水分補給の関係
お肉に含まれるタンパク質は体を作る重要な成分です。タンパク質を十分取れば基礎代謝が上がるため体温も上昇してエネルギーが多く作られるので熱だけでなく体を動かすエネルギーがたくさん作られていき体を活動的に動かしやすくなります。

魚を食べて心筋梗塞予防
魚に含まれる脂肪酸は肉に含まれるものと違っています。魚の脂肪酸はEPA、DHAが主体です。特にDHAは血管の収縮を緩め、血液の中の成分である血小板の凝縮を抑制する働きに優れています。

和定食は塩分のとりすぎに注意
外食が多い時には栄養のバランスを考えて定食にするのがオススメです。特に栄養のバランスが良くとれているのが和食の定食です。和食の定食は脂肪分が少ないのが特徴的です。

ごはんを食べるときは海苔も食べて健康回復
食事でごはんを食べるときは、海苔も食べるようにしましょう。海苔は美味しくご飯との相性も最高です。海苔には食物繊維とカロチンが多く含まれています。

朝食で夜の食べ過ぎを防ぐ
朝食を抜くと健康上あまり良いことがなく体力的にも辛くなります。朝食を抜いていると夜の食事で沢山食べることになります。遅い時間にたくさん食べるとエネルギーが消費されないのですべて脂肪として蓄えられていきます。

野菜ジュースの選び方
毎日野菜を食べるのは大変なので野菜ジュースを飲んでいる人も多いと思います。野菜ジュースは毎日の生活で不足しがちな野菜の補給に大変便利な飲み物です。

お肉の消化吸収を助ける果物
タンパク質は体を作るのに欠かすことが出来ない栄養です。タンパク質をしっかりととりしっかりと吸収されることで体が作られていきます。

スタミナがつくレバニラ炒め
スタミナ料理といえば焼き肉、うなぎ、レバニラ炒めもあります。家庭でも簡単にできるレバニラ炒めはスタミナ料理の定番です。

ソース控えめのお好み焼きはバランスの良い食事です
お好み焼きに使われる基本的な材料は、肉か魚介、たくさんの量のキャベツ、卵、小麦粉などです。栄養的にお好み焼きはバランスがよい食べ物です。

凍り豆腐で上手にタンパク質補給
ヘルシーな食材として豆腐はダイエットにピッタリの食べ物です。豆腐を凍結して解凍したものを乾燥させて作るのが凍り豆腐 です。関東では高野豆腐、東北ではしみ豆腐とも呼ばれています。

ダイエットは時間かけてゆっくり行う
ダイエットを成功させるためには、時間をかけてゆっくりと行うことです。体についた脂肪が燃えやすい運動をすること。食べるエネルギーの量を減らすことを実践すれば必ずダイエットは成功します。

上手におやつを食べてダイエット
ダイエットのためには絶対に間食をしてはいけないと思っている人も多いと思います。間食をしないで空腹感がおおきくなり食事の時にたくさん食べるよりは、間食を上手にして適正な食事をとったほうが理想的です。

カレーの食べ過ぎは脂肪分に注意
嫌いな人が少ないカレーライスはインド料理とはだいぶ違う日本の食べ物です。私達は年間50食以上カレーライスを食べると言われています。

水とフルーツで朝食抜きダイエット
一般的にダイットのためには朝食をしっかりと食べるのが普通です。しかし朝は食欲が無い人も多いはず。無理して食べるとストレスになります。

運動よりも食事を見なおしてダイエット
ダイエットを考えた時一番最初に思い浮かぶのが運動を増やすことです。走ったり水泳したり自転車に乗ったりする人も多いと思います。

無理な断食ダイエットは危険なのでやめましょう
食事を取らない断食は、簡単に痩せることが出来ると思うかもしれませんが、経験豊富な指導者のもとで行わないと危険です。

砂糖入りジュースの飲み過ぎに注意
喉が渇いた時に飲んでしまうジュースですが、基本的に甘い飲み物はできるだけ飲まないようにしましょう。ダイエット中は飲まないようにしましょう。

果物は食べ過ぎると太る食べ物です
果物はいくら食べても太らないと思いがちですが、野菜と違い果物は食べ過ぎれば太ります。

生活習慣を見なおしてダイエット
体重が増えてしまう理由は、生活習慣に潜んでいることが多いので生活習慣を見直すことができればダイエットに繋がります。

ウォーキングで簡単ダイエット
ダイエットの方法の一つとしていつでもどこでも出来る簡単な運動がウォーキングです。

食事をガマンしないダイエット方法
痩せるために食事を減らすということは大事な栄養を減らすことではありません。栄養を減らしたことで肌に艶がなくなったり、元気がなくなったり、貧血になったり、病気の抵抗力が落ちたりしたらダイエットの意味がありません。

肥満体質でも痩せられます
ダイエットがなかなか思うように行かない、少し減量できても直ぐに元に戻ってしまうことも多いと思います。あなたは簡単に諦めていませんか。

運動不足解消で肥満解消
体を動かすことが少ない生活を送っていると、体の中でエネルギーを一番使う筋肉が弱くなります。筋肉が少なくなるとエネルギーを使う量が減っていくので簡単に体脂肪が蓄積するので体重が増えていくことになります。

やけ食いやけ酒は肥満のもと
いらいらすると知らない間に食べていませんか。ストレスが溜まるとお酒で発散させようと考えていませんか。趣味もなく運動もせずに食べ物やお酒でストレスを発散させていると確実に肥満になっていきます。

お酒にもカロリーは含まれています
お酒だけは太らないと考えがちですが、1gあたりのカロリーはタンパク質や糖質よりもカロリーが高い飲み物です。お酒を飲み過ぎると中性脂肪として体に蓄積されていきます。

太りやすい食べ物を減らす
太りやすい食べ物を必要い食べていては当然太ります。脂を使った料理や肉料理、甘い食べ物は体の中で中性脂肪に変わりやすいので控えるようにしましょう。

食べ残し残整理が太る理由です
食べ物を残すのはもったいないと思っていませんか。食事が足りないと困るからいつも多めに作っていませんか。

間食と大食いは肥満の理由
食事を控えているのに太っているとしたら食事以外に食べたり飲んだりしていないか食事の記録をつけるようにしましょう。

早食いは食べ過ぎて太ります
早食いは満腹を感じるまでにたくさん食べてしまうので太りやすくなります。ゆっくりと浴感で食べるのが一番の解決方法です。

寝る前に食べると確実に太ります
食事時間が遅くなり寝る前に食事をしている人も多いかもしれません。寝る前の食事は確実に太るので注意しましょう。

まとめ食い、ドカ食いは肥満の原因です
食事が不規則になると食べられるお気にまとめ食いをする傾向が強くなります。

不規則な食事習慣と肥満
食事の時間がいつも不規則で長時間食べないことがあると体は食事【エネルギー】がいつ入ってくるかわからない食事に対してエネルギーをできるだけ吸収していざというときに備えようとします。

食べ過ぎになりやすい食事環境を見直す
食べ過ぎを防ぐ一番簡単な方法は、食べ物のストックをヘアスことです。近くに食べ物がなければ食べ過ぎる心配はありません。

太りやすい生活環境を記録する
太る理由を知るためには、毎日の生活環境を記録し見直すことが一番の近道です。

太った理由は記録をつければわかります
太るには理由があります。生活の記録をつけることで太った理由を見るけることが出来ます。

ダイエットには痩せない停滞期があります
間食を控えて、寝る前の夜食をやめると目に見えて体重が減り始めていきます。はじめに体重が減るのは主に水分が抜けていくので目に見える速度で体重が落ちてきダイエットが楽しい時期です。

長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットの基本は少なく食べてからだを動かすことです。エネルギーが余らなければ太ることはありません。

今は太ってしまう生活環境です
太りやすい人は体に脂肪をためやすい人です。昔なら飢餓に打ち勝ちやすい優れた体ですが現代では優れた体とは言い難くなっています。

痩せる前に太る理由を理解しましょう
太る理由は食べ過ぎです。生活で使うエネルギーよりも食べたエネルギーが多くなれば太ります。

太る理由は遺伝よりも生活習慣
家族や親戚が太っていると自分は太る家系と思う人も多いと思います。肥満の理由は遺伝もひとつにはありますが全てではありません。

お腹まわりの脂肪と生活習慣病
脂肪が体のどこにつくかで肥満は大きく2つに分けることが出来ます。お腹まわりにつく肥満と下半身につく肥満です。特にお腹まわりに脂肪がつく肥満は生活習慣病の疑いがあるので注意が必要です。

体重が増えただけでは肥満とはいえない
体重が増えたことを肥満と思いがちですが、体重が増えただけでは肥満とは言いません。肥満とは体の脂肪の割合が増えた状態を言います。

スポーツジムを使わない筋肉トレーニング追加しました。
まとめて食べたり、多い夜食は肥満のもとです追加しました。
大福、ドラ焼、羊羹、和菓子も食べ過ぎたら太ります追加しました。
高タンパク食は痩せやすいのか追加しました。
水のかわりの清涼飲料水を飲むのは危険です追加しました。
お酒を飲んだらご飯を減らすは少し間違い追加しました。
甘すぎる野菜の食べ過ぎに注意しましょう追加しました。
簡単にできる有酸素運動は自転車です追加しました。
ジュースは砂糖が少ないものを選びましょう追加しました。
果物も食べ過ぎると太ります追加しました。
不健康な断食ダイエットは危険です追加しました。
油を減らす極端な食事制限は長く続きません追加しました。
半身浴で水太り解消追加しました。
お風呂の健康効果追加しました。
冷たい水の飲み過ぎは肥満につながります追加しました。
運動で大切なことは継続です追加しました。
上半身強化で太らない体を作る追加しました。
下半身強化で太らない体を作る追加しました。
運動で病気の予防と改善追加しました。
筋肉を増やしてダイエット追加しました。
体を温める食べ物でダイエット追加しました。
冷えを解消してダイエット追加しました。
週末簡単断食でダイエット追加しました。
太る理由を考える追加しました。
コレステロールを下げる運動追加しました。
コレステロールを下げる食事追加しました。
コレステロールを下げる方法追加しました。
有酸素運動追加しました。
基礎代謝と運動追加しました。
体の消費エネルギー追加しました。
肥満と健康障害追加しました。
脂質とダイエット追加しました。
カルシウムと食物繊維追加しました。
代謝が上がればダイエットになります追加しました。
悪玉コレステロールと缶コーヒー追加しました。
ウォーキングで運動習慣追加しました。
コレステロールは必要なものです追加しました。
適度な運動追加しました。
高脂血症追加しました。
睡眠と肝機能回復追加しました。
肝臓病と便秘改善追加しました。
肥満予防の食事方法追加しました。
基礎代謝量を上げることが大事追加しました。
上手な運動習慣の方法追加しました。
アルコールの上手な飲み方追加しました。
肝臓をいたわるには塩分を控える追加しました。
脂質と糖質のとりすぎを防ぐ追加しました。
タンパク質の上手なとり方追加しました。
野菜でバランスの良い食事追加しました。
肝臓病と合併症追加しました。
アルコール性肝障害追加しました。
脂肪肝と生活習慣追加しました。
肝臓病と症状追加しました。
上手な運動習慣追加しました。
運動習慣とコレステロール追加しました。
生活習慣と脂質異常追加しました。
内臓脂肪と便秘追加しました。
運動でストレス解消追加しました。
毎日の体重記録でダイエット追加しました。
お酒とコレステロール追加しました。
サプリメント活用術追加しました。
ビタミンとコレステロール追加しました。
食品でコレステロール改善追加しました。
炭酸飲料と内臓脂肪の関係追加しました。
食事日記を付けてダイエット追加しました。
食生活でコレステロール改善追加しました。
動脈硬化と血管追加しました。
脂肪肝と中性脂肪追加しました。
高血糖と内臓脂肪追加しました。
内臓型肥満とメタボリックシンドローム追加しました。
2種類の肥満追加しました。
脂質異常症追加しました。
中性脂肪について追加しました。
コレステロールが増える理由追加しました。
コレステロールについて追加しました。
内臓脂肪を上手に落とす追加しました。
脂肪肝に注意追加しました。
激しい痛みの痛風追加しました。
高血圧症に注意追加しました。
糖尿病に注意追加しました。
動脈硬化と中性脂肪追加しました。
筋肉の材料タンパク質追加しました。
激しい運動に注意追加しました。
手軽なウォーキング追加しました。
運動量の目安追加しました。
有酸素運動と中性脂肪追加しました。
運動の効果追加しました。
運動で中性脂肪を下げる追加しました。
アルコールの楽しみ方追加しました。
外食のカロリーに注意追加しました。
カロリーOFFな料理方法追加しました。
上手な食べ方追加しました。
和食と中性脂肪追加しました。
食事のポイント追加しました。
塩分と血圧の上昇追加しました。
食物繊維の効果追加しました。
大豆と豆腐のイソフラボン追加しました。
緑黄色野菜と中性脂肪追加しました。
食べ過ぎの原因【ながら食い】追加しました。
炭水化物の上手な食べ方追加しました。
脂肪のとりすぎに注意追加しました。
1日に必要なエネルギー量追加しました。
好きなものばかりを食べない追加しました。
香りでストレス解消追加しました。
眠りでストレス解消追加しました。
リラックスでストレス解消追加しました。
ストレスと中性脂肪の関係追加しました。
善玉悪玉コレステロール追加しました。
タバコと中性脂肪の関係追加しました。
食生活のポイント紹介追加しました。
治療は食事改善と運動追加しました。
異常の時は再検査が必要追加しました。
中性脂肪は健康診断で測定追加しました。
脂肪と血液追加しました。
体脂肪とコレステロール追加しました。
消費エネルギーのバランス追加しました。
子供の肥満に注意追加しました。
肥満から病気に追加しました。
2タイプの肥満追加しました。
肥満と対策追加しました。
室内でできる踏み台運動追加しました。
定期検査の目的追加しました。
運動の効果追加しました。
食事療法の効果追加しました。
体重のコントロール追加しました。
動脈硬化の検査追加しました。
脂質異常症について追加しました。
中性脂肪とコレステロール追加しました。
コレステロールとは追加しました。
生活習慣改善と動脈硬化予防追加しました。
メタボリックシンドローム追加しました。
運動と体重の変化追加しました。
動脈硬化の危険因子追加しました。
大動脈瘤と動脈硬化追加しました。
脳梗塞と動脈硬化追加しました。
狭心症と心筋梗塞追加しました。
動脈硬化が怖い理由追加しました。
家族の協力と食生活の改善追加しました。
動脈硬化になるのか追加しました。
動脈硬化の種類追加しました。
動脈硬化の動脈とは追加しました。
内臓脂肪と生活習慣病追加しました。
お風呂でリラックス追加しました。
ストレスと脂質異常追加しました。
早寝早起きの習慣追加しました。
水で血液サラサラ追加しました。
タバコとコレステロール追加しました。
生活の中で運動を増やす追加しました。
運動前トストレッチ追加しました。
簡単筋トレで運動効率UP追加しました。
トクホ、サプリは上手に使いましょう追加しました。
有酸素運動とウォーキング追加しました。
運動は自分のペースで無理なく追加しました。
コレステロールを下げる有酸素運動追加しました。
運動でコレステロール改善追加しました。
脂質とコレステロール追加しました。
魚の脂肪、IPAとDHA追加しました。
濃い味は肥満や高血圧を招く追加しました。
大豆のたんぱく質追加しました。
タウリンとコレステロール追加しました。
ポリフェノールと抗酸化作用追加しました。
カロテン類とコレステロール追加しました。
ビタミンEとコレステロール追加しました。
ビタミンCとコレステロール追加しました。
抗酸化物質とコレステロール追加しました。
イモで食物繊維をとる追加しました。
海藻で食物繊維をとる追加しました。
おならと腸内細菌追加しました。
キノコで食物繊維をとる追加しました。
豆類で食物繊維をとる追加しました。
食物繊維は1日25g食べる追加しました。
食物繊維でコレステロール予防追加しました。
中性脂肪と糖質追加しました。
乳製品とコレステロール追加しました。
卵とコレステロール追加しました。
ハンバーグの作り方追加しました。
お肉の上手な選び方追加しました。
お肉の調理方法追加しました。
コレステロール値を上げる食品追加しました。
コレステロール値を下げるために追加しました。
食生活改善のコツ追加しました。
お酒は適量を飲むようにする追加しました。
間食は脂質と糖質に注意する追加しました。
外食メニューの選び方追加しました。
夕食が遅くなる時はカロリーに注意追加しました。
朝食をしっかり食べる追加しました。
食べ過ぎない知識を覚える追加しました。
毎日の食生活を見直してみる追加しました。
栄養バランスの良い食事を目指す追加しました。
食事の適量を知る追加しました。
漢方で高コレステロール改善追加しました。
脂質異常の治療方法追加しました。
脂質異常の疑いがあるとき追加しました。
肥満とコレステロールの関係追加しました。
メタボリックシンドロームとの関係追加しました。
中性脂肪とコレステロール追加しました。
コレステロール値が上がる理由追加しました。
コレステロールと病気追加しました。
動脈硬化が進むとどうなるのか?追加しました。
悪玉LDLコレステロール追加しました。
2種類のコレステロール追加しました。
コレステロールとは追加しました。
コレステロールと健康診断追加しました。
日常生活の改善追加しました。
食卓習慣の改善追加しました。

コレステロール
中性脂肪
動脈硬化
ダイエット
健康雑記

サイトマップ 内容紹介
プロフィール メールフォーム サイトマップ 更新遍歴 リンク集

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。