健康第一 コレステロール情報 サイトマップ

コレステロールの基礎知識
 ・コレステロールと健康診断
高くなったコレステロール値を放置しておくと体の中では静かに動脈硬化が進行し血管の内側が狭くなり心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性が高くなります。

 ・コレステロールとは
コレステロールは体の中に存在する脂肪の一つです。通常は少し黄色みを帯びた白っぽい個体です。

 ・2種類のコレステロール
コレステロールには悪玉LDLコレステロールと、善玉HDLコレステロールがあります。

 ・悪玉LDLコレステロール
血液中の悪玉LDLコレステローっるが過剰になると余ったコレステロールは動脈壁に入り込み動脈硬化を引き起こしていきます。

 ・コレステロールと病気
悪玉LDLコレステロールを放置しておくと動脈硬化が進みいろいろな病気を引き起こしていきます。

 ・コレステロール値が上がる理由
コレステロール値が上がる最大の原因は食生活です。

 ・中性脂肪とコレステロール
健康診断でコレコレステロールと並んで注目されるのが中性脂肪です。中性脂肪は血中脂質の一つでエネルギー源として働きます。

 ・メタボリックシンドロームとの関係
内蔵に脂肪を蓄積する内臓脂肪型肥満の人に脂質異常や高血糖、高血圧が重なると動脈硬化を起こしやすくなります。

 ・肥満とコレステロールの関係
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが悪く過剰なエネルギーが脂肪として体内に蓄積されると肥満になります。

 ・脂質異常の疑いがあるとき
脂質異常症の疑いがあるときは血液中の悪玉LDLコレステロール値が高い場合、善玉HDLコレステロール値が低い場合、中性脂肪値が高い場合などです。

 ・脂質異常の治療方法
脂質異常症になったら治療が必要になります。

 ・漢方で高コレステロール改善
漢方薬は西洋薬に比べると即効性は低いのですが慢性的で複雑な全身的な症状にゆっくりと聞いていくのが特徴です。


コレステロールを下げる食材選び
 ・コレステロール値を下げるために
コレステロールを多く含む食品、コレステロール値を上げる食品の食べ過ぎは注意しなければいけませんが、全く食べないと栄養のバランスを欠いてしまいます。

 ・コレステロール値を上げる食品
体が必要とするコレステロールのうち20%〜30%を食事からとりこんでいます。

 ・お肉の調理方法
お肉はコレステロールを含むだけでなく食べ過ぎると悪玉LDLコレステロールや中性脂肪を増やし動脈硬化や肥満を招く飽和脂肪酸が多く含まれます。

 ・お肉の上手な選び方
牛肉は種類や部位によって脂質の量が大きく違います。できるだけ脂肪の少ない部位を選んで食べるようにしましょう。

 ・ハンバーグの作り方
ハンバーグの材料になるひき肉は脂肪が多いので店頭で脂肪の少ない肉を選びその場で引いてもらうのがお勧めです。

 ・卵とコレステロール
1個の卵に含まれるコレステロールは210rです。高コレステロール血症の人の目標量の2/3を軽く超える量です。

 ・乳製品とコレステロール
牛乳や乳製品には毎日の生活で不足しやすいカルシウムが吸収しやすい形で含まれ骨粗鬆症や血圧の安定に欠かせない食品です。

 ・中性脂肪と糖質
 ・食物繊維でコレステロール予防
 ・抗酸化物質とコレステロール
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール
 ・大豆のたんぱく質
 ・魚の脂肪、IPAとDHA
 ・脂質とコレステロール

食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ

運動習慣とコレステロール
 ・運動でコレステロール改善
 ・コレステロールを下げる有酸素運動
 ・運動は自分のペースで無理なく
 ・有酸素運動とウォーキング
 ・簡単筋トレで運動効率UP
 ・運動前トストレッチ
 ・生活の中で運動を増やす

生活習慣の改善
 ・タバコとコレステロール
 ・水で血液サラサラ
 ・早寝早起きの習慣
 ・ストレスと脂質異常
 ・お風呂でリラックス

動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防

動脈硬化とコレステロール
 ・コレステロールとは
 ・働きの違うコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・脂質異常症について
 ・動脈硬化の検査

動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的

肝臓の機能
 ・肝臓病と症状
 ・脂肪肝と生活習慣
 ・アルコール性肝障害
 ・肝臓病と合併症
 ・野菜でバランスの良い食事
 ・タンパク質の上手なとり方
 ・脂質と糖質のとりすぎを防ぐ
 ・肝臓をいたわるには塩分を控える
 ・アルコールの上手な飲み方
 ・上手な運動習慣の方法
 ・基礎代謝量を上げることが大事
 ・失敗する過激なダイエット
 ・肥満予防の食事方法
 ・肝臓病と便秘改善
 ・睡眠と肝機能回復
中性脂肪と肥満
 ・肥満と対策
 ・2タイプの肥満
 ・肥満から病気に
 ・子供の肥満に注意
 ・消費エネルギーのバランス

生活習慣の見直しポイント
 ・食生活のポイント紹介
 ・タバコと中性脂肪の関係
 ・ストレスと中性脂肪の関係
 ・リラックスでストレス解消
 ・眠りでストレス解消
 ・香りでストレス解消

食事の上手なコツ
 ・和食と中性脂肪
 ・上手な食べ方
 ・カロリーOFFな料理方法
 ・外食のカロリーに注意
 ・アルコールの楽しみ方

運動の効果
 ・運動で中性脂肪を下げる
 ・運動の効果
 ・有酸素運動と中性脂肪
 ・運動量の目安
 ・手軽なウォーキング
 ・激しい運動に注意

中性脂肪について
 ・脂肪の働き紹介
 ・脂肪と血液
 ・善玉悪玉コレステロール

中性脂肪の診断と治療
 ・中性脂肪は健康診断で測定
 ・異常の時は再検査が必要
 ・治療は食事改善と運動

食事と中性脂肪
 ・好きなものばかりを食べない
 ・1日に必要なエネルギー量
 ・脂肪のとりすぎに注意
 ・炭水化物の上手な食べ方
 ・緑黄色野菜と中性脂肪
 ・大豆と豆腐のイソフラボン
 ・食物繊維の効果
 ・塩分と血圧の上昇
 ・食事のポイント

中性脂肪と病気
 ・動脈硬化と中性脂肪
 ・糖尿病に注意
 ・高血圧症に注意
 ・激しい痛みの痛風
 ・脂肪肝に注意

動脈硬化情報
中性脂肪情報
コレステロールと中性脂肪
肝臓の機能

食物繊維情報
 ・食物繊維は1日25g食べる
 ・野菜で食物繊維をとる
 ・豆類で食物繊維をとる
 ・キノコで食物繊維をとる
 ・海藻で食物繊維をとる
 ・イモで食物繊維をとる
健康雑記
 ・おならと腸内細菌
 ・濃い味は肥満や高血圧を招く
 ・トクホ、サプリは上手に使いましょう
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・家族の協力と食生活の改善
 ・運動と体重の変化
 ・室内でできる踏み台運動
 ・体脂肪とコレステロール
 ・食べ過ぎの原因【ながら食い】
 ・筋肉の材料タンパク質
 ・カルシウムと食物繊維
 ・脂質とダイエット
 ・肥満と健康障害
 ・体の消費エネルギー


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
 ・高脂血症
 ・適度な運動
 ・コレステロールは必要なものです
 ・ウォーキングで運動習慣
 ・悪玉コレステロールと缶コーヒー
 ・代謝が上がればダイエットになります
 ・基礎代謝と運動
 ・有酸素運動
 ・コレステロールを下げる方法
 ・コレステロールを下げる食事
 ・コレステロールを下げる運動
ダイエットには痩せない停滞期があります
間食を控えて、寝る前の夜食をやめると目に見えて体重が減り始めていきます。はじめに体重が減るのは主に水分が抜けていくので目に見える速度で体重が落ちてきダイエットが楽しい時期です。


長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットの基本は少なく食べてからだを動かすことです。エネルギーが余らなければ太ることはありません。

今は太ってしまう生活環境です
太りやすい人は体に脂肪をためやすい人です。昔なら飢餓に打ち勝ちやすい優れた体ですが現代では優れた体とは言い難くなっています。

痩せる前に太る理由を理解しましょう
太る理由は食べ過ぎです。生活で使うエネルギーよりも食べたエネルギーが多くなれば太ります。

太る理由は遺伝よりも生活習慣
家族や親戚が太っていると自分は太る家系と思う人も多いと思います。肥満の理由は遺伝もひとつにはありますが全てではありません。

お腹まわりの脂肪と生活習慣病
脂肪が体のどこにつくかで肥満は大きく2つに分けることが出来ます。お腹まわりにつく肥満と下半身につく肥満です。特にお腹まわりに脂肪がつく肥満は生活習慣病の疑いがあるので注意が必要です。

体重が増えただけでは肥満とはいえない
体重が増えたことを肥満と思いがちですが、体重が増えただけでは肥満とは言いません。肥満とは体の脂肪の割合が増えた状態を言います。

スポーツジムを使わない筋肉トレーニング
週に数回スポーツジムに通って筋肉トレーニングを持続できれば効果が期待できます。しかし特別な時間を作り筋肉トレーニングを行おうとしても持続できないと思います。

まとめて食べたり、多い夜食は肥満のもとです
1日に同じ食事の量をまとめて食べるのと、回数を分けて食べるのでは、まとめて食べるほうが太りやすくなります。まとめて食べるほうが脂肪を体が貯めようとするからです。

大福、ドラ焼、羊羹、和菓子も食べ過ぎたら太ります
同じ食べるのなら和菓子と言われていますが、和菓子にも砂糖がたくさん含まれています。和菓子は洋菓子よりも太りにくいとはいえ、食べ過ぎれば太るのは当然です。

高タンパク食は痩せやすいのか
三大栄養素には、長所と短所があります。都合よく長所だけ引き出すことができればよいのですが、完璧な栄養管理を行う一流のスポーツ選手でもない限りあまり現実的ではありません。

お酒を飲んだらご飯を減らすは少し間違い
体重を増やさないためにお酒を飲んだら、その分ご飯を減らせば良いと思いがちですが違います。

簡単にできる有酸素運動は自転車です
ダイエットや減量をするときに始める運動は有酸素運動です。毎日1万歩歩く、ジョギングで汗を流す、水泳は怪我をしないのでオススメ。有酸素運動にもいろいろありますが、手軽にできるのが自転車です。

果物も食べ過ぎると太ります
果物はどれだけ食べても太らないと思いがちですが、果物には果糖が含まれているので食べ過ぎると太ります。

半身浴で水太り解消
心臓に大きな負担をかけることなく発汗を促すことが出来る入浴方法が半身浴です。半身浴はみぞおちよりも下の部分だけ浸かります。

お風呂の健康効果
シャワーだけで済ますのはもったいない。お風呂の健康効果を紹介していきます。

冷たい水の飲み過ぎは肥満につながります
水にはカロリーがないので飲んでも脂肪になることはありません。しかし水を飲んだだけで太る人がいることも事実です。特に水太りは女性に多い傾向があります。