健康第一 コレステロール情報>コレステロール

コレステロール

コレステロールは体の中にある脂質の一つです。血液の中には、コレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質があります。

健康診断で血液採取を行うのは、血液に含まれているからです。

中性脂肪や、遊離脂肪酸はからだを動かすためのエネルギーになります。

コレステロールやリン脂質は、主に細胞の構成成分になります。

コレステロールは、必要ないものと思われがちですが生きていくうえで必要なものです。しかし必要以上に増えすぎると体に害を与えていきます。


 コレステロールが高くなると病気のリスクも高くなります
LDL悪玉コレステロールの数値が高くなると狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気を発症しやすくなります。特に心筋梗塞は命にかかわるので注意が必要です。

HDL善玉コレステロールの数値が低くても心筋梗塞や脳梗塞の病気になるリスクが高くなります。


 コレステロールが上がる原因
コレステロールの数値が上がる原因は、生活習慣【食生活・運動】の乱れです。

コレステロールは、食品から吸収する分と、体で作る分がありますがコレステロールの材料を食事から体に入れ過ぎると余分なコレステロールができやすくなります。

脂質や糖質を多く含む食事をした場合もコレステロールを増やしていくことになります。

運動不足もコレステロールが増える原因になります。運動不足で血液中の中のコレステロールバランスが崩れると動脈硬化を進行させていきます。


 LDLコレステロール値が高い状態は脂質異常症
コレステロール値が高いと健康診断で指摘されても症状はわかりません。そのまま放置している人も多いはずです。しかし放置しておくのは危険です。脂質異常症という病気だからです。

脂質異常症は心臓や脳などの命にかかわる病気を引き起こすことがあります。

脂質異常症と診断されるのはLDLコレステロール値や中性脂肪が高すぎる場合か、HDL善玉コレステロールの数値が低い場合です。






体脂肪を簡単に減らす方法
体脂肪について
脂肪細胞について
体脂肪と肥満のタイプ
肥満家族と肥満の子供
体の体脂肪は体脂肪計でわかります
体脂肪と肥満の病気
体脂肪がついて肥満になる理由
体脂肪を上手に減らすダイエット
肥満よりも怖いリバウンド

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
コレステロールを下げる方法
コレステロールを下げるためには、適度な食事制限と、自分にピッタリの運動を行うことで自然に下がってきます。
コレステロールを下げる食事
コレステロールは、体の中で約7割が作られ残りが食事から取り入れられていきます。食事から体に取り入れられる量が多くなると体が調整を行いますが限界があります。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved