健康第一 コレステロール情報>動脈硬化

動脈硬化

動脈硬化が血管の中で進んでいくと、血管の壁がコブ状に盛り上がります。それが破裂すると血栓を作り血管を塞ぐことがあります。

血管が詰まるのが、心臓なら心筋梗塞、脳なら脳梗塞になります。心筋梗塞も脳梗塞も死んでしまう病気です。運良く助かっても後遺症が残る可能性が非常に高くなります。

心臓の筋肉が酸欠状態になる狭心症や血管が裂ける脳出血などの病気リスクも動脈硬化は高くなります。


 動脈硬化の怖さ
動脈硬化が怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞になるからではありません。動脈硬化が進んでもなかなか自覚症状が現れません。自覚症状が出ないのでどんどん進行していきます。

自覚症状が出る頃には、動脈硬化がかなり進行していると言えます。

自覚症状はなくても、体からのサインはあります。LDLコレステロールの数値です。健康診断でLDLコレステロール値が高くなってきているようなら注意が必要です。


 ストレス解消で動脈硬化予防
ストレスもコレステロールや血圧を悪くして動脈硬化による生活習慣病を招いてしまいます。ストレスは、やけ食いの原因になるからです。

ストレスを解消するためにやけ食いを行った結果脂質異常症や動脈硬化が引き起こされるからです。

ストレスが大きく体に影響するのは血圧です。血圧の上昇は動脈硬化による病気のリスクをさらに高めていきます。

ストレス対策は、コレステロール対策や動脈硬化対策になります。嫌なことは誰でもありストレスはだれでもたまります。大事なことはストレスの上手な発散方法を持つことです。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
動脈硬化の基本
 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由
 ・狭心症と心筋梗塞
 ・脳梗塞と動脈硬化
 ・大動脈瘤と動脈硬化
 ・動脈硬化の危険因子
 ・メタボリックシンドローム
 ・生活習慣改善と動脈硬化予防
動脈硬化とコレステロール
 ・コレステロールとは
 ・働きの違うコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・脂質異常症について
 ・動脈硬化の検査

動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。