健康第一 コレステロール情報>悪玉コレステロールと缶コーヒー

悪玉コレステロールと缶コーヒー

缶コーヒーは好きですか。缶コーヒーを毎日たくさん飲んでいると悪玉コレステロールが上がることがあります。

缶コーヒーでもブラックは良いのですが、ミルクや砂糖が入っているものは要注意です。

通常コレステロールは、食事から摂るのが2、3割で、肝臓で合成される方が多くなっています。

問題となるのが、缶コーヒーに含まれる砂糖【糖質】、ミルク【乳脂肪分】です。

糖質も乳脂肪分もコレステロールを合成しやすい食品なのです。

甘い甘い缶コーヒーを毎日たくさん飲んでいる人は、自分から悪玉コレステロールを増やしているようなものです。

決定的な理由にはなりませんが、悪玉コレステロールの上昇に関係していることは事実です。

甘いコーヒーは、できるだけ控えるようにしましょう。


 缶コーヒーの砂糖の量
ワンダモーニングショットには、角砂糖3.3個
ジョージアエメラルドマウンテンには、角砂糖3.3個
ちなみに、コーラ500mlには、角砂糖16個
とりあえず、コーラはやめておきましょう。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。