健康第一 コレステロール情報>コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げる食事

コレステロールは、体の中で約7割が作られ残りが食事から取り入れられていきます。食事から体に取り入れられる量が多くなると体が調整を行いますが限界があります。

食事から取り入れられる量が増えれば、体の中でコレステロールの量が増えていきます。


コレステロールを下げる食事は、食物繊維を多く含む野菜です。





 食べ過ぎがコレステロールを増やす
食事でコレステロールを下げるためには、食べ過ぎを控えることです。コレステロールを多く含む食事以外にも、食べ過ぎを行うと肝臓で必要以上のコレステロールを合成してしまいます。

今現在、あなたの体重が肥満気味にあるなら毎日のカロリーをおさえることがコレステロールを下げるために一番効果があることです。


 コレステロールを上げる食べ物を食べ過ぎない
コレステロール値を上げる食べ物を食べ過ぎないことが基本です。コレステロールを多く含んでいる食べ物を必要以上に食べないことが大切です。
 >> ・コレステロール値を上げる食品


 食物繊維で余分なコレステロールを追い出す
食物繊維は、体の中で増えすぎたコレステロール体の外に出して数値を下げる働きがあります。コレステロール値が気になる人は、積極的に食物繊維を多く食べるようにすることが大切です。

食物繊維を多く含む野菜は、よく噛むのでゆっくり食べることが出来るため満足感が得られやすく適度な食事の量で満足できるようになります。

食物繊維は胃液でも消化されにくいので食べ物が長い間位にとどまるため満腹感が長い間維持できるので食べ過ぎを防止できます。

水溶性の食物繊維は、コレステロールを絡めとりながらゆっくりと大腸に移動していきコレステロールが小腸で吸収されるのを防いでいます。

不溶性の食物繊維は、水分を含むことで膨らみながら腸内を移動していきます。腸内を移動するときに腸を刺激して便秘になりにくくしていきます。不溶性の食物繊維は便を柔らかくして善玉のビフィズス菌が増え腸内の環境が良くなっていきます。

 ・食物繊維は1日25g食べる
 ・野菜で食物繊維をとる
 ・豆類で食物繊維をとる
 ・キノコで食物繊維をとる
 ・海藻で食物繊維をとる
 ・イモで食物繊維をとる







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

カロリーOFFな料理方法
料理の方法を少し変えるだけで余分な脂をカットすることができます。美味しく食べながらカロリーを抑えることができるので肥満の抑制につながります。

外食のカロリーに注意
外食は自宅で食べる食事に比べて栄養のバランスが悪鋳物があります。塩分も多く使われています。
好きなものばかりを食べない
中性脂肪値が気になったら嫌いなものも食べる必要があります。

1日に必要なエネルギー量
栄養のバランスがとれた食事を毎日行なっても摂取量が消費量を上回っては中性脂肪はヘリません。中性脂肪は増えていきます。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved