健康第一 コレステロール情報>コレステロールを下げる運動

コレステロールを下げる運動

コレステロールを下げるためには、食事を見直すことが大切で。食事の見直しと同じように運動を行うことも大切です。

コレステロールが多くなる理由の一つに運動不足による肥満があります。運動を行うことで肥満を解消できれば自然にコレステロールも改善されていきます。

運動を行うことで中性脂肪が減っていきます。中性脂肪が減ることで善玉HDLコレステロールが増えるためコレステロールの改善につながります。


 コレステロールを下げるには有酸素運動が効果的
コレステロールを減らすために効果的な運動は、有酸素運動です。有酸素運動は呼吸をしながら行えるゆっくりとした運動です。

有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング等になります。生活の中で上手に取り入れられる運動を行いましょう。

有酸素運動を行うと筋肉が酸素を使うので、心臓が早く動き脈拍が早くなります。脂肪を代謝してコレステロールを下げるには楽に会話ができて汗ばむ程度の運動が望ましく、30分程度を週3回行うのが理想です。


 いつでも出来るウォーキング
コレステロールを下げるための運動で一番手頃なのがウォーキングです。ウォーキングは専用の施設を必要とせず一人でも気が向いた時に行える有酸素運動です。

ウォーキングの時間を作らなくても、毎日の生活の中に歩く習慣を取り入れるだけでコレステロールを下げる働きがあります。ウォーキングを行うときは、普段よりも意識的に早く歩くようにすることが大切です。


 筋トレで基礎他社を上げる
筋肉トレーニングを行うと基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると何もせずに使われるエネルギーの量が上がり中性脂肪が使われるようになります。

中性脂肪が使われ、減ることにより善玉HDLコレステロールが増えコレステロール値の改善につながります。


コレステロールの基礎知識
 ・コレステロールと健康診断
 ・コレステロールとは
 ・2種類のコレステロール
 ・悪玉LDLコレステロール
 ・コレステロールと病気
 ・コレステロール値が上がる理由
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・メタボリックシンドロームとの関係
 ・肥満とコレステロールの関係
 ・脂質異常の疑いがあるとき
 ・脂質異常の治療方法
 ・漢方で高コレステロール改善




 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved