健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報体脂肪を簡単に減らす方法

脂肪細胞について

肥満の要因になる脂肪細胞は、胎児期と乳児期、思春期に数が増えるとされています。脂肪細胞の数が増えれば太りやすくなります。一度増えてしまった脂肪細胞は成人してから多少増えることがあっても減ることはありません。

成人してから肥満になった場合、脂肪細胞の数が増えるのではなく、脂肪細胞が大きくなったことが原因とされています。


子供の頃から太っていた人の場合、子供の頃痩せていた人よりも脂肪細胞の数が多いと考えられています。脂肪細胞の数が多いため成人していた時に痩せていたとしても、数が多い脂肪細胞が膨らめば簡単に太ってしまいます。

大人になってから太った人の場合は、脂肪細胞の数が少ないので体に蓄えられている中性脂肪を燃焼させてやるだけで簡単に痩せることが出来ます。


子供の頃に脂肪細胞の数が増え、成人してからも脂肪細胞が膨らんだ人の場合は、肥満になりやすいだけでなく痩せにくい体質になってしまいます。





体脂肪を簡単に減らす方法
体脂肪を減らす方法を紹介します。過剰なダイエット方法では、体脂肪以外にも大事な筋肉や骨まで減らしてしまいます。健全なダイエットは、体についた余分な体脂肪を減らして、大切な筋肉や骨を損なうことなく健康的に美しくなることです。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

ぬるめのお風呂で血圧改善
血圧の高い人が倒れてしまうのはお風呂に入っている時や風呂あがりの時が多いと言われています。これにはしっかりとした理由があり熱いお風呂が好きで長湯の場合、血圧が上がるのでもともと血圧が高い人は動脈硬化を引き起こしやすく命の危険につながります。
 ・ごはんを食べるときは海苔も食べて健康回復
 ・和定食は塩分のとりすぎに注意
 ・魚を食べて心筋梗塞予防
 ・お肉と水分補給の関係
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved