健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報体脂肪を簡単に減らす方法

体脂肪を食事改善で減らす方法

健康的に体脂肪を減らしてダイエットするためには、大切な筋肉や骨を減らさないことが大切です。しかし短期間の過激なダイエットや特定の食品だけのダイエットでは筋肉も落ちてしまいます。


体に負担のかかるNGダイエット
短期間で急激に体重を減らすダイエット方法やかたよった食事を長期間続けた場合、体に障害が出ることもあります。

はじめのうちは肌荒れ、めまい、貧血、息切れなどの症状が出ることがあります。さらに無理をしてダイエットを行うと最悪の倍には拒食症になることも考えられます。




体脂肪を減らすためには栄養のバランスを考えること
体脂肪を減らすためのダイエットは栄養をきちんと確保したうえでエネルギーを適切に抑えた食事です。単品ダイエットでは、栄養をきちんと確保するのは難しくなります。食事の量は減らしても必要な栄養は不足なく体に取り入れることが上手に体脂肪を減らすコツです。


糖質の栄養素
体の活動に欠かすことが出来ないエネルギー源。脳の活動源となる唯一の栄養源。消化吸収が早くインスリンの分泌を刺激しやすい。使われない糖質は中性脂肪として体に蓄えられる。穀物、イモ類、砂糖類が供給源となる。

タンパク質の栄養素
筋肉、血管、内臓、骨などを作るために欠かすことが出来ない。生命維持と代謝に役に立つ。動物性と食物性のものに分類することが出来る。良質なタンパク質は体で作ることが出来ない必須アミノ酸を含んでいる。肉類、魚介類、卵、大豆、豆製品が供給源となる。

脂質の栄養素
動物性の脂肪はとりすぎるとコレステロールが増えてしまう可能性があります。コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸の成分として必要なものです。



食事は定食スタイル
食事は定食のように、主食、主菜、副菜、汁物のようなスタイルにすることが多くの品目をバランスよく食べることが出来ます。定食スタイルは、1食あたりの食品の量が多くなるからです。

定食スタイルを1日、3回食べると十分な量の品目を食べることが出来ます。脂肪分や塩分はできるだけひかえるようにしましょう。


賢い食事の方法で体脂肪を減らす
満腹になるまで食事をするとどうしても過食になりがちです。急いで食べても同じ結果になります。賢い食事の方法として、腹八分目の食事習慣を身につけるとダイエットによりいっそう効果があります。自分がどれくらいで腹八分目になるかあらかじめ知っておくことが大切です。

早食いは太る原因の一つです。食事は時間をかけてよく噛んで食べることが大切です。よく噛むことにより料理をよく味わうことになり少量でも満足感が出ます。噛む動作は頭の満腹中枢を刺激して満腹の信号が早めに出るからです。よく噛むことで消化吸収にも良い影響が出ます。

不規則な食事もあまり良くありません。食事の間隔を開けすぎると1食で食べ過ぎてしまうからです。ドカ食いをすると食べたものが吸収されやすいので肥満につながりやすくなります。


体脂肪になりやすい食べ物
一番注意が必要な食べ物が砂糖が多く使われている食べ物や飲み物です。お菓子屋ジュースには砂糖が多く使われているものが多いので高カロリーでしかも栄養はあまり含まれていません。少しのお菓子なら問題ないようにも思いますが、少しの量でも高カロリーになります。食べ過ぎてしまうと簡単に体脂肪に変わるので注意しましょう。

砂糖のたくさん使われる食べ物をたb過ぎると膵臓からインスリンが分泌され血液中にインスリンが増えることになります。インスリンは血糖を下げると同時に体脂肪の合成を促してしまうのでこの状態が続くとどんどん太ってしまいます。

ケーキ、アイスクリーム、お菓子などはカロリーが高く太りやすいのに栄養がほとんど含まれていません。食べすぎには注意しましょう。





体脂肪を簡単に減らす方法
体脂肪を減らす方法を紹介します。過剰なダイエット方法では、体脂肪以外にも大事な筋肉や骨まで減らしてしまいます。健全なダイエットは、体についた余分な体脂肪を減らして、大切な筋肉や骨を損なうことなく健康的に美しくなることです。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

体脂肪について
脂肪細胞について
体脂肪と肥満のタイプ
肥満家族と肥満の子供
体の体脂肪は体脂肪計でわかります
体脂肪と肥満の病気
体脂肪がついて肥満になる理由
体脂肪を上手に減らすダイエット
   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved