健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報体脂肪を簡単に減らす方法

糖質の摂り過ぎに注意しましょう

糖質は摂り過ぎると体脂肪に変わるのでダイエット中は注意が必要です。特に注意が必要になる糖質は、果物やお菓子、アイスクリーム、清涼飲料水に使われている単純糖質です。単純糖質は太りやすい糖質なので注意しましょう。ダイエット中は特に食べない、飲まないようにしましょう。

主食になる、ご飯、麺類、パンなどは複合糖質と呼ばれています。


ダイエットの宿敵、単純糖質
単純糖質に分類される糖質はすぐに吸収されて即効性のエネルギーになります。バナナやスポーツ飲料をマラソン大会で見かけるのはすぐにエネルギーとして使われるからです。単純糖質は胃の中にとどまる時間が非常に短くすぐにお腹が減ってしまいます。

食事から吸収されるブドウ糖が血液中に急増すると膵臓からインスリンが必要以上に分泌されていきます。インスリンは血液の中になるブドウ糖を体の細胞に運んでエネルギーとして利用されます。同時に中性脂肪の合成を促してしまうので太りやすくなります。

ジュースやおかし、アイスクリームに含まれている砂糖を多く含んでいる食品はエネルギーはとても高いのですが大切な栄養をほとんど含んでいないのでダイエット中は特にひかえるようにしましょう。

消化に時間がかかる複合糖質
デンプンなどは分子量が大きな糖質で複合糖質と呼ばれます。消化に時間がかかり胃の中にとどまる時間が長く腹持ちが良いのが特徴です。食物繊維を多く含んでいる胚芽米や雑穀類は余分な脂肪や糖質の吸収を低く抑える効果も期待できます。

お腹が空いたらお菓子などの単純糖質を食べるよりも複合糖質のおにぎりなどを食べるようにしましょう。




飲み物に入っている砂糖の量
炭酸の飲み物には思った以上に多量の単純糖質が入っています。喉が渇いたといってがぶ飲みするのは危険です。糖分を含んでいる水は普通の水よりも喉が渇くのが早くなります。すぐにまた水が欲しくなる悪循環になります。

単純糖質の取り過ぎはダイエットに悪影響が出るだけでなく糖尿病などの生活習慣病を引き起こす要因にもなります。特に子供の頃から炭酸飲料を沢山飲むと糖尿病になる危険が上がるので注意しましょう。

スポーツ飲料は低エネルギーですが単純糖質を沢山含んでいるものもあるので注意しましょう。

フルーツジュースも要注意です。100%ジュースを飲めば果物数個を食べたことになり果糖の取り過ぎとお味事になります。

コーヒー、紅茶、お茶などにはカロリーがないので気にする必要はありません。しかしカフェインが含まれているのでがぶ飲みはできるだけ控えたほうがよいでしょう。

コーヒーや紅茶を飲むときは砂糖やミルクを入れるとカロリーや糖質が入れた分だけ増えてしまうので入れないことが基本です。缶コーヒーや紅茶には砂糖やミルクが入っているものもあるので沢山飲むと糖分のとりすぎになるので注意しましょう。

ダイエットを考えているのなら炭酸の飲み物やジュースを飲むときは小さなサイズのものにするか飲まないようにしましょう。小さいサイズのものでも1日にたくさん飲めば砂糖の都市すぎにつながります。


飲み物に含まれるスティックシュガーの量
コーラ
コーラライト
サイダー
缶コーヒー
低糖缶コーヒー
ミルクティー
スポーツ飲料
350ml
350ml
350ml
250ml
250ml
340ml
350ml
12袋
3袋
10袋
9袋
3袋
9袋
7袋







体脂肪を簡単に減らす方法
体脂肪を減らす方法を紹介します。過剰なダイエット方法では、体脂肪以外にも大事な筋肉や骨まで減らしてしまいます。健全なダイエットは、体についた余分な体脂肪を減らして、大切な筋肉や骨を損なうことなく健康的に美しくなることです。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・食生活のポイント紹介
 ・タバコと中性脂肪の関係
 ・ストレスと中性脂肪の関係
 ・リラックスでストレス解消
 ・眠りでストレス解消
 ・香りでストレス解消
 ・油を減らす極端な食事制限は長く続きません
 ・不健康な断食ダイエットは危険です
 ・果物も食べ過ぎると太ります
 ・ジュースは砂糖が少ないものを選びましょう
 ・簡単にできる有酸素運動は自転車です
 ・甘すぎる野菜の食べ過ぎに注意しましょう
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved