健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

肥満が関係する怖い病気

肥満はいろいろな病気を引き起こるスタート地点になります。病気や症状がお互いに影響しあって更に悪い病気や症状になります。

太っていて高血圧や脂肪肝などになっている場合は、食事制限や運動を行うことで肥満を解消すると高血圧や脂肪肝などの悪い状態が解決することがあります。


高血圧
体に脂肪を必要以上に溜め込みすぎるとそれだけ全身に送る血液の量が増えてしまいます。血液の量が多くなるので血管内の圧力が高くなります。

血管は常に高い圧力をかけられているので傷がついたり弾力性がなくなったりして動脈硬化が進んでいきます。高血圧と動脈硬化はお互いに作用して状態を悪化させていきます。

高血圧が悪化していくと腎臓への負担が大きくなります。高血圧は塩分のとりすぎ、ストレス、過労など様々な要因が関係してくるので太っていない人でも起こってきます。

肥満は高血圧とつながりが深いので、体重を減らすと高血圧が解消することがよくあります。


糖尿病
食べ物に含まれている投資うは体に吸収されてブドウ糖になります。ブドウ糖の利用に欠かせないのが膵臓で作られるインスリンです。

太ってくるとインスリンの感受性が鈍くなりインスリンが十分に働かなくなりインスリン抵抗性といいます。インスリンの抵抗性が大きくなると膵臓は多くのインスリンを作るために疲れてしまいます。

血液中ではインスリンが多くなるのに血糖が使われないので血糖値が高くなります。

糖尿病は細い血管に傷をつけて網膜症や腎臓の病気を併発する他に動脈硬化も促進してしまいます。


痛風
尿酸は体の細胞の中の核からできている老廃物で尿と一緒に体の外に出されていきます。尿酸が大量に合成されたり体の外に上手に出すことが出来ないと血液中にたまり高尿酸血症となってしまいます。

尿酸値が高い状態をそのままにしておくと尿酸値が高くなり尿酸の結晶が関節などにたまり激痛を起こします。これが痛風です。

痛風は、大食家、美食家、大酒家に起こりやすくこのような食習慣は肥満の人に見られます。痛風を起こす人は太った人が少なくありません。







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

大福、ドラ焼、羊羹、和菓子も食べ過ぎたら太ります
同じ食べるのなら和菓子と言われていますが、和菓子にも砂糖がたくさん含まれています。和菓子は洋菓子よりも太りにくいとはいえ、食べ過ぎれば太るのは当然です。

高タンパク食は痩せやすいのか
三大栄養素には、長所と短所があります。都合よく長所だけ引き出すことができればよいのですが、完璧な栄養管理を行う一流のスポーツ選手でもない限りあまり現実的ではありません。
ストレスと中性脂肪の関係
ストレスも一時的なものなら問題はないのですが、長い期間に渡りストレスを感じていると健康面で大きなダメージを受けてしまいます。

リラックスでストレス解消
ストレスが長くなると中性脂肪が増えることがあります。中性脂肪が増える状態が長く続くと悪玉LDLコレステロールが増えて善玉HDLコレステロールが減っていきます。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved