健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

長期計画で行う効果的なダイエット

ダイエットの簡単な基本
ダイエットの基本は少なく食べてからだを動かすことです。エネルギーが余らなければ太ることはありません。

必要ない体の脂肪を減らすためには、エネルギーとして使っていくしかありません。

体のエネルギーを使うためには、食事を少し少なくして、ちょっと物足りないようにします。食事で必要なエネルギーが満たされないので体に蓄えられた脂肪が使われて行きます。体のエネルギーが使われていくので体重が減っていくことになります。


生活習慣を改善するだけでダイエット効果があります。
食事をお腹いっぱい食べて、間食を好きなだけ食べて、夜食を食べる。運動は何もしない。こんな生活はエネルギーが使われないのでふとります。

ダイエットのために食事内容を変えずに運動を始めても簡単にダイエットは出来ません。運動で消費するエネルギーは思う以上に少なく、成果が出るまでに数ヶ月かかるからです。

ダイエットを行うときは、食事の量を気持ち減らす。間食の回数を減らす。遅い夜食は我慢する。運動をしなくても食生活を見なおせがダイエット効果はあります。

食生活の見直しと運動では、食生活の見直しが簡単でダイエット効果があります。


短期間ダイエットの怖いデメリット
筋肉や骨が減っていきます。
やつれて髪や肌を痛めてしまいます。
貧血や骨粗鬆症になりやすくなります。
疲れやすく体調を崩してしまいます。
免疫力が低下すると風を引きやすきうなります。
意識が減退して活動力が低下していきます。
体重が元に戻りやすくなります。
失敗から自己嫌悪になりストレスから過食になることがあります。
過食、拒食を繰り返す危険があります。


短期間ダイエットは太りやすくなります。
ダイエットで問題になるのは、せっかく減らしても体重が元に戻ることです。

ダイエットのリバウンドは、過激なダイエットで短期間に体重を減らしたり無理なダイエット方法が続かなかったりした時におこります。

リバウンドすればまたダイエットを行えば良いと思いがちですが、間違ったダイエットで短期間に体重を落とすと体脂肪と一緒に筋肉が落ちてしまいます。

筋肉が落ちると基礎代謝の量が少なくなるのでエネルギーが使われにくくなり痩せにくくなります。

無理な短期間のダイエットで体重の増減を繰り返すと、体重は同じでも脂肪の割合がどんどん増えていき脂肪だらけのかくれひまんになっていきます。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

毎日の食生活を見直してみる
コレステロール値が上がる理由は毎日の食生活にあります。

食べ過ぎない知識を覚える
いつもお腹いっぱいになるまで食べたのではエネルギーの取りすぎになります。
今は太ってしまう生活環境です
太りやすい人は体に脂肪をためやすい人です。昔なら飢餓に打ち勝ちやすい優れた体ですが現代では優れた体とは言い難くなっています。

痩せる前に太る理由を理解しましょう
太る理由は食べ過ぎです。生活で使うエネルギーよりも食べたエネルギーが多くなれば太ります。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved