健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

ダイエットには痩せない停滞期があります

間食を控えて、寝る前の夜食をやめると目に見えて体重が減り始めていきます。はじめに体重が減るのは主に水分が抜けていくので目に見える速度で体重が落ちてきダイエットが楽しい時期です。

しかし、ダイエットには停滞期と呼ばれる体重が変わらない現状維持の期間があります。

ある程度余分な体重が減ると体は脂肪を減らさないように少ない食事の量でも効率を高めていき基礎代謝を少なくしていきます。基礎代謝が少なくなるので体重の減少にブレーキがかかります。

体重の停滞期はだいたい半月ぐらいの期間です。ダイエットに失敗する人は停滞期の時期に挫折してしまいます。

体重の停滞期中に元の食生活に戻ったりストレスから食べてしまうと体に脂肪として蓄えられるので体重はすぐに戻ります。

停滞期中に体重が減らなくなったら諦めないことが大事です。あきらめないでダイエットのための食生活を続けるようにしましょう。

食事や運動を規則正しく行うことで体重は必ず減っていきます。

ダイエット中の体重停滞期は何度か訪れていきます。停滞期中に食事の誘惑に負ける事無く生活できるかがダイエットの成功の鍵になります。


ダイエットは視覚から
ダイエットを行うときは、体重の変動がわかるように体重を定期的に調べましょう。調べた体重はグラフにしていくと減り方が見えるので効果的です。


停滞期が長い時
体重が減らない停滞期が長い時は、必要以上の食事をしていないか見直しましょう。運動が足らん場合もあるので運動の量も確認しましょう。


体重が減らない時の対処方法
諦めないこと。
体重グラフをつけること。
食事の量と運動の量を見直すこと。
生活習慣が改善できているか確認すること。
食事日記や生活を見なおして太りやすい理由を探すこと。





長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットの基本は少なく食べてからだを動かすことです。エネルギーが余らなければ太ることはありません。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

食事の適量を知る
コレステロールを多く含む食品に限らずどんな食べ物でも食べ過ぎることで肝臓で必要以上のコレステロールが合成されてしまいます。

栄養バランスの良い食事を目指す
コレステロール値の改善には適切なエネルギーを守ることと同じように栄養のバランスをとることも大切です。
運動量の目安
運動の量には個人差があります。中性脂肪を減らす運動は肩で息をする様なハードな動きは必要ありません。

不規則な食事習慣と肥満
食事の時間がいつも不規則で長時間食べないことがあると体は食事【エネルギー】がいつ入ってくるかわからない食事に対してエネルギーをできるだけ吸収していざというときに備えようとします。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved