健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

太りやすい生活環境を記録する

太る理由を知るためには、毎日の生活環境を記録し見直すことが一番の近道です。

自分では気が付かない間に多くの間食をしていたり、習慣で寝る前にお菓子を食べたり、運動が少なかったりと記録すればすぐに分かります。

習慣がわかれば少しずつ改善していくことで、これ以上体重が増えることはありません。改善できることが多くなれば徐々に痩せていけるはずです。


毎日の食事の時間はとても大切です。食事を抜いたり食事の時間が短かったりと気がつくことも多いはずです。特に食事の時間は大切です。早食いになると満腹を感じる前に必要以上に食べ過ぎてしまいます。

満腹中枢は食事を始めてから20分前後で刺激されるので、食事は20分以上かけゆっくりとしたペースで行うようにしましょう。


食事の記録をつけると、食べ物の傾向もわかります。高カロリーの食事が多くなると運動や生活で使うエネルギーが追いつかなくなりどんどん体に蓄積されていきます。

野菜、海藻、きのこなどの食物繊維が豊富に含まれている体に良い食品を食べているか確認することも出来ます。


太る理由は生活習慣
スーパーで太ったお母さんと太った子供を見かけたことはありませんか。太っているお母さんの食生活と子供の食生活が同じなので、子供も太りやすくなります。

太る理由の多くは生活習慣です。特に食生活はとても重要です。食事前におやつ、食後にデザート、寝る前に夜食、食べ物が大量に出てくれば太るのは当然です。


生活習慣を分析してみよう
生活習慣の記録を見直すと今まで無意識で行ってきた生活習慣が見えてきます。その中には肥満につながる生活習慣も隠されているはずです。

過食が肥満につながる一番大きな原因です。過食のきっかけは時間帯、感情、周囲の状況等の複数の要因が理由になります。

食べ過ぎになる理由を見つけることができれば、食べ過ぎを防ぐことも可能になります。





長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットの基本は少なく食べてからだを動かすことです。エネルギーが余らなければ太ることはありません。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・野菜でバランスの良い食事
高カロリーで栄養のバランスが悪い食事を続けると体に良くないことはだれでもわかると思います。

 ・タンパク質の上手なとり方
肝臓の細胞はタンパク質で出来ています。肝臓の機能の回復にはタンパク質が必要になります。
 ・好きなものばかりを食べない
中性脂肪値が気になったら嫌いなものも食べる必要があります。

 ・1日に必要なエネルギー量
栄養のバランスがとれた食事を毎日行なっても摂取量が消費量を上回っては中性脂肪はヘリません。中性脂肪は増えていきます。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved