健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

食べ過ぎになりやすい食事環境を見直す

食べ過ぎを防ぐ一番簡単な方法は、食べ物のストックをヘアスことです。近くに食べ物がなければ食べ過ぎる心配はありません。

食べ過ぎを防ぐためには、食べ物を購入するところから見直しましょう。


食べ物を買うときの簡単な方法
買い物は時間を決めて行う。
お腹が減っているときは買い物しない。
事前に作った買い物リストだけ買う。
調理しないと食べられない食品を購入する。
お菓子や飲み物は小さなものを購入する。
簡単に食べられるインスタント食品は購入しない。


食べ物をしまうときのテクニック
買ってきたらすぐにしまう。
冷蔵庫にはビールやジュースを飲む分だけ保管する。
目立つところに食べ物を置かない。


盛り付けるときのテクニック
大皿をやめて、一人分ずつもいつける。
茶碗や小鉢は小さなものにする。
野菜やきのこ、海藻など低カロリーの食材で嵩上げする。





太りやすい生活環境を記録する
太る理由を知るためには、毎日の生活環境を記録し見直すことが一番の近道です。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

上手な運動習慣の方法
有酸素運動に効果には中性脂肪の燃焼以外に、脳の働きを高める、血管の老化を防ぐ、筋肉を強くして運動の機能を高める、自律神経の働きを高めてホルモンのバランスを調整する、心肺機能を高めて血行を良くする、肥満の抑制などがあります。

基礎代謝量を上げることが大事
基礎代謝量とは安静にしている時に呼吸や体温の維持などに使われるエネルギー量のことで、生きていくために最低限必要押されるエネルギーの量です。
失敗する過激なダイエット
脂肪肝の予防には肥満を解消しなければいけません。

肥満予防の食事方法
肥満を予防して脂肪肝や肝障害を予防するには良質のタンパク質や緑黄色野菜をバランスよく取ることが大切です。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved