健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

不規則な食事習慣と肥満

食事の時間がいつも不規則で長時間食べないことがあると体は食事【エネルギー】がいつ入ってくるかわからない食事に対してエネルギーをできるだけ吸収していざというときに備えようとします。

不規則な食事は体がエネルギーを貯めやすくなるため体脂肪を貯めやすい体にしていることになります。

食事を抜くようなことがあると、次の食事ではエネルギーをしっかりと吸収することになります。

もともと体脂肪をためやすい太り気味の人が不規則な食生活を行えば太らないほうが不思議です。


食事は抜かない
食事を抜くと、次の食事ではお腹が空いてまとめ食いをしがちになります。食事は時間を決めて食べることは生活のリズムを整える上でも大切です。

不規則な食事、食事抜きは太りやすくなります。食事は決まった時間に食べるようにしましょう。



食べ過ぎになりやすい食事環境を見直す
食べ過ぎを防ぐ一番簡単な方法は、食べ物のストックをヘアスことです。近くに食べ物がなければ食べ過ぎる心配はありません。





 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

肥満から病気に
肥満をそのマッマにしておくことで糖尿病や高脂血症などの生活習慣病になる可能性があります。

子供の肥満に注意
肥満といえは大人の問題と考える人が多いと思います。しかし子供の中にも肥満は広がり動脈硬化の可能性が疑われることもあります。
タンパク質の上手なとり方
肝臓の細胞はタンパク質で出来ています。肝臓の機能の回復にはタンパク質が必要になります。

脂質と糖質のとりすぎを防ぐ
脂肪分の多い食事を続けていると脂質の取り過ぎになり脂肪肝になりやすくなります。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved