健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

まとめ食い、ドカ食いは肥満の原因です

食事が不規則になると食べられるお気にまとめ食いをする傾向が強くなります。特に用事は何でも出来るときにまとめて済ましておきたいタイプの人によく見られます。

朝は朝食を食べずに出勤して、昼は大盛りを食べるのは男性によくみられます。

まとめ食いは食べたものが吸収されやすくなり、食事の量もとりすぎになりがちです。

お相撲さんが、食事回数を2回に分けて大量に食べるのはこの原理を使って効率よく太るためです。


満腹まで食べると太ります
食事をするときは、お腹いっぱいになりたいと考える人がよく利用するのが食べ放題の店だと思います。

演歌の時などに、空腹にわざとして参加してどか食いする人もいるかもしれません。

ドカ食いで満腹までひたすら食べるやり方は体脂肪を蓄積するための食べ方です。

食べ物に不自由しない生活の中でまとめて満腹まで食べるやり方を続けていく生活は太ってもしかたがないことです。


食事は満腹よりも腹八分目
食事で大切なことは、たらふく食べて満腹になるよりも、腹八分目でおいしい食事を味わった満足感を大切にすることが大事です。


週末過食は太る原因です
普段はあまり食べないのに太ってしまう人は、週末にだけドカ食いで食べ過ぎているかもしれません。週末になると決まって食事の量が増えてしまうケースがあります。

週末や休日になると、ジュースやおかし、お酒やおつまみなどを食べてしまい、気がついたら普段の倍以上のカロリーを取ってしまっている人もいるはずです。

普段の食生活は質素なのに太ってしまう人は、週末の食事をメモしてみましょう。あなたが思っている以上に食べていることがわかるはずです。


満腹まで食べる人は
満腹まで食べないと気がすまない人は、ゆっくりかんで食べるようにしましょう。よく噛んで食べることで満腹感が早く感じられます。

最初に野菜だけを多めに食べることもおすすめです。


食べ放題大好きな人は
食べ放題を利用する回数を減らすことからはじめましょう。肉より野菜や魚を使った料理が多い店を選ぶようにしましょう。



不規則な食事習慣と肥満
食事の時間がいつも不規則で長時間食べないことがあると体は食事【エネルギー】がいつ入ってくるかわからない食事に対してエネルギーをできるだけ吸収していざというときに備えようとします。





 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

タンパク質の上手なとり方
肝臓の細胞はタンパク質で出来ています。肝臓の機能の回復にはタンパク質が必要になります。

脂質と糖質のとりすぎを防ぐ
脂肪分の多い食事を続けていると脂質の取り過ぎになり脂肪肝になりやすくなります。
簡単にできる有酸素運動は自転車です
ダイエットや減量をするときに始める運動は有酸素運動です。毎日1万歩歩く、ジョギングで汗を流す、水泳は怪我をしないのでオススメ。有酸素運動にもいろいろありますが、手軽にできるのが自転車です。

果物も食べ過ぎると太ります
果物はどれだけ食べても太らないと思いがちですが、果物には果糖が含まれているので食べ過ぎると太ります。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved