健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

寝る前に食べると確実に太ります

食事時間が遅くなり寝る前に食事をしている人も多いかもしれません。寝る前の食事は確実に太るので注意しましょう。

夜9路を過ぎてからの食事やお酒を飲んでからの食事をしている人もいるかも知れまんが太るので9時以降はできるだけ食べないようにしましょう。

夜更かしをしているうちに口が寂しくなったり、お腹が空いてきてコンビニでお菓子やジュース、軽食を買って食べる人も多くなっています。しかし夜遅い時間の食べ物は太りやすくなるので注意しましょう。


夜は脂肪がため込まれやすくなります。
私達の体には交感神経と副交感神経という2つの自律神経が備わっています。交感神経は体を動かす昼間に動いて消化吸収を活発にしてエネルギーを使っていきます。

夜になると副交感神経が活発になり体を休息させたり体に入った栄養を蓄積しようと働きかけていきます。夜遅く食べたものは体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に食べてすぐに寝ると食べたもののエネルギーは使われることなく脂肪として体に蓄えられていきます。

できるだけ寝る前の3時間前には食べないようにしましょう。


夜食の食べ過ぎは太る原因です
太っている人に多いのは夜のまとめ食いです。夜遅く食事を摂ると寝付きを悪くして翌朝の食欲不振をまねきます。

朝食を抜くことでどうしても夕食たくさん食べる食生活になりやすくなり食事のバランスを崩しやすくなり太りやすくなります。




夜にお腹が空く人は
夜にお腹が空く人は夜更かしをやめて朝方の生活に切り替えてみましょう。また簡単に食べることが出来る食べ物はそばに置かないようにしましょう。
早起きネット


まとめ食い、ドカ食いは肥満の原因です
食事が不規則になると食べられるお気にまとめ食いをする傾向が強くなります。特に用事は何でも出来るときにまとめて済ましておきたいタイプの人によく見られます。




 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・お肉の調理方法
お肉はコレステロールを含むだけでなく食べ過ぎると悪玉LDLコレステロールや中性脂肪を増やし動脈硬化や肥満を招く飽和脂肪酸が多く含まれます。

 ・お肉の上手な選び方
牛肉は種類や部位によって脂質の量が大きく違います。できるだけ脂肪の少ない部位を選んで食べるようにしましょう。
体重が増えただけでは肥満とはいえない
お腹まわりの脂肪と生活習慣病
肥満が関係する怖い病気
太る理由は遺伝よりも生活習慣
痩せる前に太る理由を理解しましょう
今は太ってしまう生活環境です
長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットには痩せない停滞期があります
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved