健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

早食いは食べ過ぎて太ります

早食いは満腹を感じるまでにたくさん食べてしまうので太りやすくなります。ゆっくりと浴感で食べるのが一番の解決方法です。


食事に時間をかけたくない、食事は口に入れれば良いと思っていませんか。食事に関心が薄くないですか。

ラーメンやカレーライスなどよく噛まないで食べられる食事が好きな人は食べるスピードが早い人もいます。早食いはまとめ食いとともに太っている人によく見られる食事パターンです。


食欲と満腹中枢
早食いの人が太りやすいのには理由があります。

食欲は、脳にある満腹中枢でコントロールされています。食べ物が体に入って消化吸収されると血液中にブドウ糖が増えていきます。血液とインスリンの濃度が上がると満腹中枢が刺激されて満腹を感じます。満腹を感じることで食べるのをやめるようになります。

お腹が空いているときは満腹中枢の活動が抑制されて食べたくなってしまいます。


満腹を感じるまでに時間が掛かる
満腹中枢が刺激されて満腹と感じるまでに食事を始めてから20分ぐらいの時間が必要になります。早食いの人は食欲にブレーキがかかる前に沢山食べるので知らない間に食べ過ぎてしまうことになります。

早食いをぞくけていると満腹中枢があやふやになり空腹でなくても食べたくなり太りやすくなります。


ゆっくりよく噛んで食べる効果
素材の味を楽しむことができるので少しで満足できます。
噛む動作が満腹中枢を刺激して早めに満腹になります。
唾液がよく出るので消化吸収が良くなります。
あごが鍛えられ歯茎も丈夫になります。


間食を少し変えてみる
間食をしているなら、クッキーやおかしなどのあまりかまなくて良い物から果物に変えてよく噛むようにしましょう。さらにリンゴなどはバナナとかに比べて、噛む回数も断然多いので満足感も高くなります。おなかがすいた時はガムをかんでみると食欲が抑えられます。

寝る前に食べると確実に太ります
食事時間が遅くなり寝る前に食事をしている人も多いかもしれません。寝る前の食事は確実に太るので注意しましょう。





 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

体重が増えただけでは肥満とはいえない
お腹まわりの脂肪と生活習慣病
肥満が関係する怖い病気
太る理由は遺伝よりも生活習慣
痩せる前に太る理由を理解しましょう
今は太ってしまう生活環境です
長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットには痩せない停滞期があります
カロリーOFFな料理方法
料理の方法を少し変えるだけで余分な脂をカットすることができます。美味しく食べながらカロリーを抑えることができるので肥満の抑制につながります。

外食のカロリーに注意
外食は自宅で食べる食事に比べて栄養のバランスが悪鋳物があります。塩分も多く使われています。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved