健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

間食と大食いは肥満の理由

食事を控えているのに太っているとしたら食事以外に食べたり飲んだりしていないか食事の記録をつけるようにしましょう。
太った理由は記録をつければわかります


なんとなく食べ物を食べていませんか。水やお茶の代わりに炭酸ジュースやスポーツジュースを飲んでいませんか。炭酸ジュースやスポーツジュースには沢山の砂糖が含まれていてカロリーも高めです。

一回に食べたり飲んだりするものは少しでも積み重なれば大きなカロリーになります。

だらだらと食べるとごはんを食べるときに食欲を低下させます。すると食事以外の時にもお腹が空いてしまうのでだらだら食べてしまう悪循環になります。


おやつは砂糖が多いため体脂肪になりやすい
毎日おやつを楽しみにしている人も多いはずです。食事の量を減らしてでもおやつを忘れずにいる人も多いでしょう。

おやつは比較的に糖質に偏りがちです。体脂肪になりやすい割には他の栄養が不足してしまいます。おやつを食べるなら低エネルギーでビタミン、ミネラルなどが含まれる食品を選ぶようにしましょう。


おやつと食事
ご飯を気が済むまで食べて、おやつも沢山食べると確実に太ります。おやつを食べるときは、食事のカロリーを減らして1日の全体量でカロリーを調整しましょう。

おやつは少ない量でも高カロリーなので、お腹いっぱいまで食べるとカロリーオーバーになりがちです。


テレビと食事
テレビを見ながら食事をする人も多いはずです。テレビなどを見ながら食事をするとテレビに意識が集中するので満腹中枢が働きにくくなります。

満腹中枢が働きにくくなるので必要以上に食べ過ぎてしまい、太る原因になります。

食事は栄養を取るだけでなく食べる楽しみもあります。食事の時間は食べることに集中しましょう。おいしい食事で満足できれば間食も減るはずです。



早食いは食べ過ぎて太ります
早食いは満腹を感じるまでにたくさん食べてしまうので太りやすくなります。ゆっくりと浴感で食べるのが一番の解決方法です。





体重が増えただけでは肥満とはいえない
お腹まわりの脂肪と生活習慣病
肥満が関係する怖い病気
太る理由は遺伝よりも生活習慣
痩せる前に太る理由を理解しましょう
今は太ってしまう生活環境です
長期計画で行う効果的なダイエット
ダイエットには痩せない停滞期があります

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

カロリーOFFな料理方法
料理の方法を少し変えるだけで余分な脂をカットすることができます。美味しく食べながらカロリーを抑えることができるので肥満の抑制につながります。

外食のカロリーに注意
外食は自宅で食べる食事に比べて栄養のバランスが悪鋳物があります。塩分も多く使われています。
内臓脂肪と生活習慣病
内臓脂肪型肥満は中性脂肪を増やして善玉HDLコレステロールを減らしてしまいます。

家族の協力と食生活の改善
中性脂肪やコレステロールに限らす病気の治療として食生活の改善や食事療法を支持されるとほとんどの人が大変と思います。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved