健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

食べ残し残整理が太る理由です

食べ物を残すのはもったいないと思っていませんか。食事が足りないと困るからいつも多めに作っていませんか。

外食ではいつもたべきれないほど注文して残すのはもったいないと無理やり食べていませんか。

おやつの袋菓子などが少し残っていると少しだからと食べてしまうことはありませんか。

食べたくないのに勿体ないからと無理やり食べていては確実に太ります。


食べ物を残すことは、勿体ないことですが太っている時には無理して食べてはいけません。

痩せようと思ったら一口残すくらいが丁度良いのです。

たった一口の食事整理と言ってもこれが重なっていけば結構なエネルギーになります。食事を片付けながら残り物を食べるのはやめましょう。


捨てるのが勿体ない時は
捨てるのが勿体ない時はあとから食べるように保存しておくとよいでしょう。しかし残り物は少し口寂しい時に摘んでしまいがちなので思い切って捨てましょう。

ダイエット中は多めに作り過ぎないことが大切です。


間食と大食いは肥満の理由
食事を控えているのに太っているとしたら食事以外に食べたり飲んだりしていないか食事の記録をつけるようにしましょう。


手軽に食べられるものは太りやすい
手軽に食べることが出来る食事の代表はインスタント食品です。インスタントのラーメン類はカロリーが高いわりには満足感が得られにくい食品です。

栄養のバランスも悪いものがあるので食べ過ぎはほどほどにしましょう。太りやすい人は沢山食べないようにしましょう。


手軽なものを利用するときのポイント
カロリーなど栄養価を確かめる
選ぶときは栄養成分を確かめる
油を使ったものは避ける
野菜や魚、きのこ、大豆などが入ったものを選ぶようにする
暇な時は体を動かして食品には手を出さない






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

2タイプの肥満
内蔵の周囲に脂肪がつきりんご型肥満ともいわれる、内臓脂肪型肥満。下半身の皮膚の下に脂肪がつき洋なし型肥満ともいわれる、皮下脂肪型肥満。

肥満から病気に
肥満をそのままにしておくことで糖尿病や高脂血症などの生活習慣病になる可能性があります。
内臓脂肪と生活習慣病
内臓脂肪型肥満は中性脂肪を増やして善玉HDLコレステロールを減らしてしまいます。

家族の協力と食生活の改善
中性脂肪やコレステロールに限らす病気の治療として食生活の改善や食事療法を支持されるとほとんどの人が大変と思います。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved