健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

太りやすい食べ物を減らす

太りやすい食べ物を必要い食べていては当然太ります。脂を使った料理や肉料理、甘い食べ物は体の中で中性脂肪に変わりやすいので控えるようにしましょう。

特に脂肪が多く含まれている食品はカロリーが高いので食べ過ぎには注意が必要です。

脂肪には料理を美味しくする働きがあるので外食では特に注意が必要です。カレー、シチュー、サンドイッチなどには多めに使われていることがあるので注意しましょう。

サラダに使うマヨネーズやドレッシングも沢山使うと太りやすくなります。

おかしは高エネルギーの割に大切なエネルギーがほとんど含まれていないので食べ過ぎには注意が必要です。

果物は、ビタミンが多く含まれていますがエネルギーの量は多めです。果物の果糖は吸収されやすいので食べ過ぎは太る原因につながります。


ご飯は適量
ご飯は適量食べるなら腹持ちもよく糖質以外の栄養や食物繊維も含んで太りやすい食べ物ではありません。しかしおかずは少しでご飯をたくさん食べると太る心配があります。


味付けは薄味
濃い味付けがいけない理由は、煮物などをこってりした味付けにすると砂糖をたくさん入れる必要があります。砂糖をたくさん入れるためにエネルギーが高くなります。

味付けが濃くなるとそれだけでご飯を食べ過ぎてしまいます。外食の丼ものは濃い味付けの典型的なものです。

慣れた味を変えるのは大変ですが高血圧予防に薄味に変えていきましょう。


食べ残し残整理が太る理由です
食べ物を残すのはもったいないと思っていませんか。食事が足りないと困るからいつも多めに作っていませんか。


こんな食事には注意
朝   :ジャムトースト、砂糖が沢山のコーヒー
昼   :大盛りの丼もの
おやつ :甘いドーナツ、ミルクと砂糖たっぷり紅茶
夜   :晩酌、大盛りご飯、油物のおかず
夜食  :こってりインスタントラーメン

こんな食事を続けていたら確実に太ります。







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ
内臓脂肪と生活習慣病
内臓脂肪型肥満は中性脂肪を増やして善玉HDLコレステロールを減らしてしまいます。

家族の協力と食生活の改善
中性脂肪やコレステロールに限らす病気の治療として食生活の改善や食事療法を支持されるとほとんどの人が大変と思います。
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved