健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

運動不足解消で肥満解消

体を動かすことが少ない生活を送っていると、体の中でエネルギーを一番使う筋肉が弱くなります。筋肉が少なくなるとエネルギーを使う量が減っていくので簡単に体脂肪が蓄積するので体重が増えていくことになります。

肝臓や脂肪細胞で脂肪の合成を助ける酵素が働きやすくなるので肥満のもとを作る事になります。

普段の生活で運動量が少ないとエネルギーが使われないだけでなく、エネルギーを使う筋肉の量も減っていくので体は太りやすくなります。


運動で使うエネルギーは多くない
運動で消費するエネルギーはそれほど多くありません。しかし運動をしないとエネルギーは少しも消費されていかないので体に中性脂肪としてため込まれていくことになります。


筋肉が増えれば何もしなくても太りにくくなる
体の中で一番エネルギーを使うのが筋肉です。筋肉が増えていけば勝手にエネルギーが使われていくので痩せやすい体になります。


筋肉を増やして痩せやすい体を作る
生活の中でこまめに運動を行う。
家事や仕事の合間に体を動かす。
運動の楽しさを知る。
暇な時は外出して体を動かす。
毎日1万歩、歩くことを目指す。


やけ食いやけ酒は肥満のもと
いらいらすると知らない間に食べていませんか。ストレスが溜まるとお酒で発散させようと考えていませんか。趣味もなく運動もせずに食べ物やお酒でストレスを発散させていると確実に肥満になっていきます。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved