健康第一 コレステロール情報生活習慣を見直せば肥満も改善できます

食事をガマンしないダイエット方法

痩せるために食事を減らすということは大事な栄養を減らすことではありません。栄養を減らしたことで肌に艶がなくなったり、元気がなくなったり、貧血になったり、病気の抵抗力が落ちたりしたらダイエットの意味がありません。

痩せるための食事とは、不必要にとっていた分を減らすことです。

必要とされる栄養は不足することなくとることが大切です。食事だけで補いない時は、サプリメント を上手に利用することが大切です。


 糖質
生きていくうえで欠かkスことが出来ないエネルギー源
脳細胞の活動には欠かすことが出来ない
タンパク質、脂質折も消化吸収が速い
インスリンの分泌を刺激しやすい
余ると中性脂肪として蓄積される

 タンパク質
筋肉、内臓、血液、骨作りに不可欠
遺伝子、ホルモン、消化液の構成成分
必須アミノ酸は体の中で合成できないので食事で取らなければいけない

 脂質
タンパク質や糖質の倍以上のエネルギーがある


 食物繊維
食物成分のうち消化されないもの
栄養にはならないが病気の予防につながる
水分を吸収して位の中で膨らんで満足感をもたらす
噛む回数を増やして早食いを防ぐ
血糖値やコレステロール値を下げるはたらきがある




理想な食事は定食スタイル
健康的にダイエットを行うときは栄養が不足しないことが大事になります。かたよった食事をするよりも、多くの食材を食べるほうが栄養のバランスも良くなります。

献立の基本は定食です。定食の主菜、副菜、主食、汁物を合わせると10品目ぐらいの食事になります。食事を抜かずに、3食食べると1日で30品目ぐらい食べることが出来ます。

ゆっくりと食べて、過食を防ぎ腹八分目で抑えておけばダイエット効果がじわじわ出てきます。

>> ・定食レシピ



カロリーをおさえるレシピでダイエット
ダイエットは食事の量をおさえることだと考えてしまいますが、そうではありません。エネルギーが低い食品や調理方法を選べば量を増やすことも出来ます。キノコやこんにゃく、海藻はエネルギーがほとんどゼロ、野菜や豆腐も低エネルギーです。肉や魚は低脂肪の物を選ぶのが基本です。

同じ素材を使うなら調味料や油の量を控えるほど出来上がった料理のエネルギーをおさえることが出来ます。

魚は生で食べるのが一番カロリーを低くすることが出来ます。肉は茹でたり蒸したりすると脂肪分を落とすことが出来ます。

>> ・痩せるレシピ





茹でる、蒸す、焼く、煮るのダイエット調理方法
カロリーを抑えた料理をつくるためには素材の脂肪分を落とすか調味料や油の使用量をおさえるなど工夫をすることが大切です。

茹でてダイエット調理
肉や魚は茹でると脂肪分がゆで汁に流れでていきます。野菜は茹でることでかさが減るので沢山食べることが出来ます。油や調味料の量を控えることも出来ます。

蒸す料理でダイエット
水蒸気が素材の隙間や裏側まで熱を行き渡らせるので素材の脂肪分を除くのに適した料理方法です。

焼く料理のダイエットポイント
網焼きにすると油がいらずに素材の表面の脂肪分が溶け出してきます。フライパンを使うときは樹脂加工のものを使うと油の使用量をおさえることが出来ます。

煮る料理でダイエットレシピ
脂肪分が煮汁に落ちるのでカロリーを抑える事ができます。しかし煮る料理は砂糖や味醂を多く使うのでカロリーが高くなります。ダシをしっかりと取り調味料を控えると比較的カロリーを低く出来ます。




肥満体質でも痩せられます
ダイエットがなかなか思うように行かない、少し減量できても直ぐに元に戻ってしまうことも多いと思います。あなたは簡単に諦めていませんか。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

半身浴で水太り解消
お風呂の健康効果
冷たい水の飲み過ぎは肥満につながります
水のかわりの清涼飲料水を飲むのは危険です
 ・食生活のポイント紹介
 ・タバコと中性脂肪の関係
 ・ストレスと中性脂肪の関係
 ・リラックスでストレス解消
TOPに戻る   
メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved