健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

肝臓病と症状

肝臓の機能に異常がある人が増えています。肥満による脂肪で肝臓が黄色くなった人も増えています。

過食や飽食、肥満が増えているので肝臓は働き過ぎで崩壊寸前の場合があります。

健康診断や人間ドックでAST、ALT、ガンマーGTPがありますが、肝臓の細胞に含まれる酸素がどの程度血液中に流出しているかを示すデータです。

AST、ALT、ガンマーGTPの数値が高かったり基準値をずれていると幹細胞が壊れ炎症を起こして肝臓の働きが低下している可能性が高くなります。


肝臓は最大の臓器で栄養を蓄え有害物質を排出するなど肝臓の働きは複雑で多彩です。




肝臓の大きな3つの働き
・食べ物から吸収した栄養分を体の中で使いやすい形に変えて蓄えます。
・アルコールや薬物と言った体に不要なものや有害物質を排泄します。
・食べ物の消化吸収を助ける胆汁酸を作ります。


食べ物がブドウ糖やアミノ酸などに分解されエネルギー源として供給されるのも、筋肉や骨格や血液を作るのも酒の良いが時間とともに解消されるのも肝臓の機能のおかげです。

肝臓は生きていくうえで大切な500種類以上の化学反応をつかさどっています。


肝臓の特徴葉動脈、整脈以外に門脈という血液循環路を持っていることです。門脈は膵臓やひぞうとつながっていて胃や十二指腸、小腸、大腸などで吸収された栄養を肝臓に運ぶ働きをしています。

肝臓は色々な働きをしているので生きていく上ではとても重要な臓器です。


肝臓を半分切っても機能を失うことはありません。

肝臓は一番大きな臓器でとても力強い臓器です。肝臓の幹細胞は3/4を温存しているので半分に切っても機能を失うことはありません。

門脈があることで肝臓が酸素不足になっても細胞が死んでしまうことはありません。

肝臓は我慢強い臓器なので黙々と働くので沈黙の臓器と言われています。

肝臓は強いストレスがかかっても病気で弱っても働いています。このため肝臓で炎症が進行しても黄疸や強いだるさや吐き気を感じるころには病気が深刻化していることが多くあります。

毎年の健康診断で血液検査の数値に気をつけることが大切になります。


たくさんお酒を飲む人、肥満気味の人、過食気味の人、海外によく行く人、やせ薬や健康食品を常用している人は肝臓病のリスクが高くなります。

肝臓の病気の初期状態を発見するためには定期的に健康診断を受信しましょう。


肝臓病の80%がウイルス性肝炎が占めています。

肝炎ウイルスには、A、B、C、D、E、Gがあり、ほとんどがA、B、Cに当てはまります。ウイルスに感染していてもウイルス性肝炎を発症するわけではありません。

ウイルス性の肝炎は急性肝炎と慢性肝炎があります。

潜伏期間ののちにウイルスが活動し始めると肝臓の細胞を破壊し始めます。肝臓はウイルスを排除するために免疫反応を起こします。コレが急性肝炎です。

症状は風邪に似た症状、倦怠感、食欲不振などです。


ウイルスの活動が半年以上続く状態を慢性肝炎といいB、Cの肝炎ウイルスが原因となります。

慢性肝炎の初期は自覚症状が無いので肝炎が治ったと感じる方が多いのですが時間をかけて肝臓を痛めるケースが多いので注意が必要です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
3大栄養素
 ・たんぱく質
 ・炭水化物
 ・脂質

肥満のタイプ
 ・りんご型肥満
 ・洋ナシ型肥満
 ・隠れ肥満
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。