健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

アルコール性肝障害

お酒を飲むと肝臓はアルコールが体の中からなくなうまで代謝と分解を行います。この時肝臓では炭水化物や糖質の代謝とは異なる働きや変化が起きています。

アルコールの処理が終われば正常に戻りますが大量のアルコールを飲めば飲むほど幹細胞の変化が長くなり幹細胞がダメージを受けます。

このような状態がアルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変などの病気になります。

アルコールを肝臓で処理するときにアセトアルデヒドという物質が肝臓で作られます。

アセトアルデヒドを全く処理できない人と、少し処理できる人がいます。

少し処理できる人がお酒を飲み続けると強い人よりも少ない量のお酒でアルコール性肝障害が発生してしまいます。

お酒に強い人はお酒を飲む量も多いのでアルコール性肝炎のリスクは高くなります。

お酒を大量に長期的に飲み続けるとアルコール性肝炎を通り越して肝硬変に直結してしまいます。

倦怠感、食欲減退、腹痛、下痢、吐き気、発熱、黄疸などの症状がある人はアルコール性肝炎が進行している可能性があります。

健康診断で診断をおすすめします。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
野菜でコレステロールを下げる
悪玉LDLコレステロールが高く野菜を食べなければいけない人でお腹が弱い人はサラダを食べるよりも薄味の野菜スープにし野菜を食べるようにしましょう。

ストレス対策でコレステロール撃退
緊張したり興奮したりすると血圧が上がりますがコレはストレスが副交感神経を刺激して血管を収縮させるためです。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。