健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

肝臓病と合併症

肝臓は生きていくために必要な代謝、解毒、胆汁合成などの重要な役割を持っています。肝臓に障害が起こることは重大な病気につながります。

肝臓は血糖の調整でもとても重要な働きをしています。膵臓から分泌されるインスリンが肝臓や筋肉に働いて血糖をコントロールするのですが肝臓の機能が弱くなるとインスリンの働きが傷害されてしまいます。

インスリンは食事でとった糖分を体の中でブドウ糖に変換しエネルギーとして体に運びます。

インスリンの働きが低下すると血糖は血液中に多くなり血糖の高い状態が慢性的に続きます。

このような状態が糖尿病です。

糖尿病になると脂肪酸が増加して中性脂肪が多く作られるようになり脂肪肝になることが多くあります。





肝臓病の合併症として発生しやすい病気には胃炎や十二指腸潰瘍があります。

肝炎による黄疸が長く続いたり肝硬変が進行して肝不全に至ると腎臓の機能も低下して腎不全になることがあります。


肝臓病はいろいろな病気と合併しやすいので年に一度は健康診断を受けるようにしましょう。



簡単ダイエット方、食事の最初に野菜を食べる
太っている人は偏食が多く野菜類を食べる量が少ないことがあります。野菜を食べる量が少ないのでビタミン、ミンネラルが少ない場合があります。野菜を上手に食べるようにしましょう。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。