健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

野菜でバランスの良い食事

高カロリーで栄養のバランスが悪い食事を続けると体に良くないことはだれでもわかると思います。脂肪肝を始めとして糖尿病などの生活習慣病になるだけでなく体の免疫力を低下させて最悪の場合は癌などになることがあります。

健康は毎日の食事から作られるので栄養が偏り過ぎないようにバランスよく食べることが大切です。

栄養バランスの良い食事を続けていれば脂質や糖質の過剰な量をとることもなくエネルギー量を減らす事ができます。

栄養バランスの良い食事をすることは結果的に脂肪肝や肝機能の低下を予防することが出来ます。

バランスの良い食事はめんどくさいと思いますが難しくはありません。

毎日食べている食事に野菜を多く加えるとバランスの良い食事になります。

バランスの悪い食事は野菜が不足しています。


彩りの良い野菜サラダをプラスするだけで品目が増えビタミン、ミネラルを多く摂ることが出来ます。ビタミンは肝機能を高めるために不可欠なビタミン類や活性酸素を減らすベータカロテンなどが補えます。

ごぼうや大根などの根菜類やきのこ類を加えれば食物繊維が豊富にとれて便秘の予防やダイエット効果も期待できます。


外食が多いと野菜不足になりがちです。

特に丼ものを選ぶよりも定食を選ぶほうが多くの野菜を食べることが出来ます。

野菜サラダや豆腐、ほうれん草のおひたしなどの低カロリーで栄養が高いものを加えるように心がければ外食でも栄養のバランスが良くなります。

バランスの良い食事は同じ量をたくさん食べるよりも、いろいろな食品を少しずつ食べることと考えれば
それほど難しいことではありません。





ビタミンは肝臓の代謝、解毒作用を助けるために欠かせません。さらに体の機能を維持するために必要なものです。

肝臓の機能が低下すると肝臓のビタミン貯蔵能力が落ちるので代謝障害がおこることがあります。

肝臓が弱っている人、肝臓の機能が低下している人葉健康な人よりも多めにビタミンを取る必要があります。多くのビタミンを取るためにも野菜を多めに食べるようにしましょう。


ビタミンは肝臓にとってとても重要な栄養素ですが体では合成できずに食品から取るしかありません。

毎日の食事でビタミンを取るのは難しいように思いますが、野菜、海藻類、きのこ類、卵、豆腐、乳製品に多く含まれています。

偏りのない食事を毎日食べていれば必要なビタミンは簡単に取ることが出来ます。


ビタミンだけででなくミネラルも同じように必要です。

ミネラルもビタミンと同じように体で合成することは出来ません。食事から体の中に取り入れる必要があります。

ミネラルを多く含むものとして緑黄色野菜、わかめ、ひじきなどの海藻類やきのこ類などがあります。

緑黄色野菜、わかめ、ひじきなどの海藻類やきのこ類は低カロリーで食物繊維も多く含まれるのでダイエット食品としても好まれる食品です。

脂肪肝で肝臓の機能が弱っている人にはピッタリの食品です。



■ ビタミンで動脈硬化予防
コレステロールが体の中で増えるとコレステロールのバランスが崩れていき血液中の悪玉LDLコレステロールが増えて善玉HDLコレステロールが減ってしまいます。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。