健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

脂質と糖質のとりすぎを防ぐ

脂肪分の多い食事を続けていると脂質の取り過ぎになり脂肪肝になりやすくなります。

脂質の少ない和食を中心にした食事に変えれば脂肪肝は少なくなるはずです。

脂肪肝につながる脂質異常症を防ぐためには魚の油にたくさん含まれるDHA、EPAです。さば、あじ、さんま、マグロなどに含まれる不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸には悪玉LDLコレステロールや中性脂肪を減らして善玉HDLコレステロールを増やす働きがあります。

大豆製品にはリノール酸という不飽和脂肪酸が適度に含まれています。

コレステロールや中性脂肪のつきやすい牛や豚などの動物性蛋白質や脂質を食事の中心にするよりも魚類や大豆製品を中心にした生活に買えるようにすることが脂肪肝になりにくくなります。
 >> ・タンパク質の上手なとり方


アルコールと揚げ物の組み合わせは最高に美味しいのですが体にはよくありません。中性脂肪を増やして脂肪肝にまっしぐらになります。

揚げ物は衣だけでもカロリーが非常に高くなります。どうしても揚げ物が食べたいときは衣のない素揚げにするか衣を半分でも剥がして食べるようにしましょう。

家庭で料理に使う油は不飽和脂肪酸のオリーブ油やナタネ油が良いとされます。オリーブ油にはコレステロールを排除するオレイン酸が多く含まれているからです。

加熱や酸化に強いので炒めものからドレッシングまで使うことが出来ます。



食事で余分な糖質を取ると脂肪になって皮下や内臓に蓄積されていきます。

ごはんやパンなどの主食や菓子類に含まれる糖質は体の中でブドウ糖になり肝臓でグリコーゲンになり蓄えられていきます。必要なときにブドウ糖になり体の中でエネルギーとして使われていきます。

糖質を必要以上にとりすぎると過剰な分はすべて脂肪に変わり体に蓄積されていきます。

米やパンを多く食べなくても糖質は簡単に体に入ってきます。ラーメンやスナック菓子も糖質です。

昔と違い24時間営業のお店があるので時間を気にする事なく好きなだけ食べることが出来ます。

米を食べない代わりにラーメンやスナック菓子をたくさん食べていれば脂肪肝にまっしぐらです。

ケーキや果物の食べ過ぎも確実に脂肪肝につながります。ケーキは食べ過ぎればコレステロールや中性脂肪を増やすのは当然です。

果物に含まれる果糖はすぐに脂肪に変化しやすい性質を持っています。

果物は健康によいのですが必要以上に取りすぎれば脂肪として体に蓄えられていきます。健康によい果物の程々が大切です。

脂肪肝が心配な人は食べる量に注意することが大切です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。