健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

肝臓をいたわるには塩分を控える

1日に体に入れる塩分の量の目安は10グラム以下です。塩分の取り過ぎは体にわるいと覚えておきましょう。

塩分の過剰な取り過ぎは高血圧、動脈硬化、心疾患、脳梗塞などの生活習慣病と関係しています。

塩分の取り過ぎは肝臓にも影響を与えます。

濃い味付けの料理はご飯などの主食を増やして脂肪肝や肥満を招くことにつながります。

肝臓と腎臓は密接に関係しているので注意が必要です。

肝炎、肝硬変から腎不全になると塩分制限が必要になり、1日の塩分量が厳しく制限されることになります。

減塩でアジの薄い料理を食べても美味しくないと感じるかもしれません。

そこでレモンや香辛料などを上手に使い味に変化をつけましょう。

味噌汁は減塩味噌などを使い徐々に塩分を減らしていくようにしましょう。

家庭の中で塩分を減らすことが出来ても外食で塩分を減らすのは難しいのも事実です。

味付けの濃い汁物には塩分が多く含まれているので汁は残すことを徹底するようにしましょう。汁を残すことで減塩効果が期待できます。

お酒の席では塩辛、干物、つけものなど塩分の多いものが出てきますができるだけ食べないようにすることが大事です。





減塩効果
血圧が下がる。血圧が下がれば脳出血のリスク軽減にもなるし、腎臓への負担も少なくなります。何か目に見えて分かるような変化は起きないけど、確実に健康面に対してはプラスに働く事になります。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食生活の改善
 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方
 ・間食は脂質と糖質に注意する
 ・お酒は適量を飲むようにする
 ・食生活改善のコツ
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。