健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

アルコールの上手な飲み方

アルコールを飲むと肝臓で分解と処理が行われるので肝臓に大きな負担がかかります。肝臓の病気や機能が低下しているときはアルコールを控えることが大切になります。

肝臓の病気がアルコールが理由でなくても控える必要があります。

アルコールを分解するために肝臓が必要以上に働く必要が有るためです。


肝臓は体の中に入ったアルコールの90%以上を処理しています。体の中に入ったアルコール代謝酵素の働きで肝臓で処理されて炭酸ガスと水にまで分解されていきます。

肝臓が弱り気味で機能が低下している時にお酒を飲んで肝臓を働かせるのは肝臓の機能低下を招いてしまいます。

たくさんのお酒を飲んで肝臓がアルコールの処理に負われると肝臓での脂肪の代謝、処理、利用の働きが低下していきます。

脂肪酸が増えたり中性脂肪が合成されやすくなったり、中性脂肪が肝臓から排出されにくくなり脂肪肝から肝硬変に変わっていくことがあります。

お酒は適度に飲めが血行の促進やストレス解消に良いのですが健康診断で肝臓の機能が低下している人は控えるようにしましょう。


お酒の飲酒による障害は5年、10年先に現れてきます。今は検査を受けても正常かもしれま銭が肝臓はお酒を飲んだ量に比例して障害を受けています。

特に毎日飲酒している人はすぐにでも肝臓をいたわりましょう。

毎日お酒を飲む人、1日3合以上飲む人は気になる症状がなくても年に一回は肝臓の検査を受けるようにしましょう。

肝臓の状態を定期的に確認することはお酒を飲む人にとっては当たり前のことと自覚することが大切です。


■ 肝臓の症状があれば直ぐに病院で検査しましょう
  ・お酒をまずくかんじた、お酒の量が急に落ちた
  ・食欲がなく脂っこいものが嫌いになった
  ・飲んだ翌朝は体が重く感じる
  ・肌が黒ずんできた
  ・右上腹部がいつも重苦しい


お酒を飲むときは適量を守るようにして週に2日以上は休肝日を作ることが大切です。

肝臓がアルコールを処理できる能力は体重1キロあたりで1時間に多くて200rとされています。

晩酌で毎晩3合も飲めば肝臓は朝までアルコールの分解で働くことになります。毎日このような状態になれば肝臓が次第に疲れてきます。

アルコールに弱い人はアルコールの量を平均的な量よりも少なくすることが大切です。

雰囲気で飲み過ぎると肝臓の負担が大きくなることを覚えておきましょう。

何も食べずにお酒だけを飲むのではなく食事を取りながらゆっくりと飲むことが大切です。

肝臓を十分に休めるためにも夜の10次以降は飲酒を切り上げて週に2日は休肝日を作ることが大切です。



お酒を飲み過ぎてしまう人は自分の適量なお酒の量を知ることが大切です。

お酒を飲み過ぎると肝臓はお酒の処理能力を拡大するので2週間ほど禁酒してみましょう。禁酒明けに飲める量が自分の肝臓が処理できる量になります。

大事なことは肝臓を労るお酒の量と、ほろ酔いになる量は違います。

肝臓のアルコール処理能力が高い人でも毎日3合以上飲むとデメリットが大きくなるので注意しましょう。

お酒は自分のペールで飲むことが大切です。特に宴会などでは注意が必要です。

雰囲気で飲み過ぎる時は日本酒やビールではなく、ウイスキーや焼酎など自分で分量を調整できるお酒を選ぶことが大切です。

自分の適量を意識しながらゆっくりと飲むことが大切です。


肝臓の障害があり禁酒が必要でも出来ない人もいます。一人で禁酒するのは難しいかもしれません。難しい時はアルコール依存症の可能性も捨てきれないので意思に相談することが大切です。



 ・お酒とコレステロール ・健康食品について


赤ワインには体に良いポリフェノールが入っているので人気があります。

ポリフェノールには強い抗酸化作用があるので体の中で発生した活性酸素の働きを抑えて酸化を防いでくれます。

肝臓は活性酸素に弱いので赤ワインをたくさんの見たいと思いますが、もちろん赤ワインも飲み過ぎればアルコールによる害があります。

ポリフェノールには多くの種類があり赤ワイン以外にも緑茶や大豆にもにも含まれていますのでアルコールではなく食品から取るようにしましょう。

ポリフェノールを多く含む食品
 ・緑色の野菜【レタス、ピーマンなど】
 ・白色の野菜【玉ねぎ、だいこんなど」
 ・大豆
 ・緑茶
 ・ココア、チョコレート
 ・そば
 ・ブルーベリー


高カロリーのおつまみは太る原因です。上手におつまみを選ぶようにしましょう。

お酒を飲むときは高カロリーのおつまみは控えるようにしましょう。

アルコールに含まれるエネルギーは馬鹿になりません。日本酒1合で185キロカロリー、ビール大瓶で300キロカロリーもあります。

定番のおつまみである焼き鳥、唐揚げ、煮込みなどはカロリーが高いので何も考えずに食べているとカロリーオーバーになります。

肝臓に脂肪がたまりアルコール性脂肪肝からいろいろな肝臓障害を招く危険があります。


お酒を飲まないことが一番ですが付き合いなどで飲むこともあると思います。お作家を飲まなければいけない時はできるだけカロリーの低く肝臓に負担のかからないものを食べるよにしましょう。

からあげや天ぷらはビールによく合うのですが肥満のもとになります。

ウイスキーの摘みに出されるナッツ類やスナック類、チョコレートはできるだけ手を付けないのが懸命です。

野菜サラダ、おひたし、野菜の煮物、冷奴などはカロリーを気にすることなく食べることが出来ます。

魚は白身を選ぶ、焼き鳥の鶏皮にはたくさんの脂が含まれているので避けるようにしましょう。

冬場なら寄せ鍋が栄養的にもカロリー的にも肝臓を労る酒の肴として最適です。


お酒の後のラーメンは胃、肝臓、腎臓に大きな負担をかけるので注意が必要です。

飲酒後にラーメンやおそばを食べる人も少なくないはずです。胃、肝臓、腎臓に負担がかかるだけではなく確実に太るのでやめておきましょう。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食物繊維情報
 ・食物繊維は1日25g食べる
 ・野菜で食物繊維をとる
 ・豆類で食物繊維をとる
 ・キノコで食物繊維をとる
 ・海藻で食物繊維をとる
 ・イモで食物繊維をとる
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。