健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

上手な運動習慣の方法

中性脂肪を上手に燃焼するためには有酸素運動が手軽で一番簡単な方法です。

有酸素運動は体の中に酸素を取り入れて行う運動です。

有酸素運動に効果には中性脂肪の燃焼以外に、脳の働きを高める、血管の老化を防ぐ、筋肉を強くして運動の機能を高める、自律神経の働きを高めてホルモンのバランスを調整する、心肺機能を高めて血行を良くする、肥満の抑制などがあります。

有酸素運動は呼吸で体の中に入った酸素を使って運動に必要になるエネルギーを補給して数十分にわたって続ける運動全体を指します。

ウォーキング、ジョギング、スイミング、エアロビクス、サイクリングなどが有酸素運動になります。

脂肪肝の人だけでなく普段あまり運動をしていない人には有酸素運動がおすすめです。特に手軽にできるウォーキングがよいでしょう。

1日20分〜30分程度少し息が切れるくらいの速度で歩けば中性脂肪が燃焼していきます。

週に3日ほどウォーキングを行うことで確実に脂肪は燃焼していきます。

ウォーキングは毎日の生活の中に上手に取り入れればだれでも長く続けられます。

毎日の生活で歩くときに少しだけ早足で歩くようにしてみましょう。少しだけ意識して歩くようにするだけで毎日の生活にウォーキングを上手に取り入れることは出来るはずです。


ストレッチを行って筋肉の柔軟性か保ちながら体の維持につとめましょう。

体は加齢とともに柔軟性を失っていき動作も遅くなります。

ストレッチや軽い運動を毎日の生活に取り入れていけばある程度の体の柔軟性は維持することが出来ます。

普段の生活の中で運動する習慣をつけることで代謝機能も上がります。太りにくくなる体になるので肥満や脂肪肝の予防にもなります。


運動の前後には準備運動と整理運動を丁寧に行うようにしましょう。

ウォーキング程度なら準備運動はいらないと思うかもしれませんが筋肉や関節に炎症を起こしたり膝や腰を痛めてしまうことがあります。

運動の前には必ずストレッチを行い十分に筋肉を伸ばしておくことが大切です。

ウォーキングでは足首、ふくらはぎ、腕、肩、首の周辺の筋肉を丁寧にほぐしてから行います。

怪我を予防するだけでなく血行が促進されていくのでウォーキングの効果が増していきます。

運動後の整理運動は筋肉の疲労回復を早めて疲れを翌日に持ち越しにくくしてくれます。







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
運動習慣とコレステロール
 ・運動でコレステロール改善
 ・コレステロールを下げる有酸素運動
 ・運動は自分のペースで無理なく
 ・有酸素運動とウォーキング
 ・簡単筋トレで運動効率UP
 ・運動前トストレッチ
 ・生活の中で運動を増やす
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。