健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

基礎代謝量を上げることが大事

基礎代謝量が落ちてくると同じ食事内容をしていても自然に太ってきます。

基礎代謝量とは安静にしている時に呼吸や体温の維持などに使われるエネルギー量のことで、生きていくために最低限必要押されるエネルギーの量です。

基礎代謝量は同じ年代でもよく動く人と、動かない人では違いがあります。筋肉の多い少ないでも大きな違いがあります。

筋肉が少ない人は基礎代謝量が少なくなってきます。

筋肉の量が少なくなってきた40代で、若い時と同じような食事をしていれば太ってくるのは当然です。

体についた脂肪を燃やすには酸素が必要になりますが基礎代謝量が多いと体に酸素を運ぶヘモグロビンの酸素運搬能力が高くなります。

酸素の運搬能力が高くナルト体の脂肪が効率よく燃えて、さらに酸素の運搬能力が高くなる好循環になります。


太ってくると血液はドロドロになり脂が多くなります。

血液がドロドロになるとヘモグロビンの酸素運搬能力が高くなるわけもなく体の脂肪を効率よく燃焼させることが出来ません。

肥満を防いで効率的なダイエットを行うためにも基礎代謝量を高くすることが大切になります。

毎日の生活に運動を取り入れることが大切になります。

毎日の生活に運動を取り入れるためには、意識してよく歩くようにし、よく動くことがとても重要になります。





 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
運動習慣とコレステロール
 ・運動でコレステロール改善
 ・コレステロールを下げる有酸素運動
 ・運動は自分のペースで無理なく
 ・有酸素運動とウォーキング
 ・簡単筋トレで運動効率UP
 ・運動前トストレッチ
 ・生活の中で運動を増やす
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。