健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

肥満予防の食事方法

肥満を予防して脂肪肝や肝障害を予防するには良質のタンパク質や緑黄色野菜をバランスよく取ることが大切です。

ビタミン、ミネラルなどを過不足なく体に入れることも大切です。

難しく考える必要はありません、食事を和食中心に切り替えるだけで良いのです。

和食の食材には海の幸、山の幸が豊富に揃っています。

海藻類、きのこ類はカロリーが低くしかも食物繊維が多く含まれています。納豆や豆腐などの大豆製品にはコレステロールの値を下げるリノール酸が含まれています。魚にはDHAやEPAがたくさん含まれています。

和食の惣菜には肥満や様々な生活習慣病を防ぐ成分が豊富に含まれています。

主食のご飯は小麦から作るパンと違いつぶのままで食べるのでよくかめます。

よく噛めば少ない量の食事でも満腹感が出てくるので過食を防ぎ、ダイエット中のリバウンド予防にも和食中心の食事が有効だと言われています。

和食が肥満防止に有効でも食べ過ぎては意味がありません。腹八分目を心がけるのが大切です。





1日の食事は3食にする
朝食を抜いたり、1日2食しか食べない人もいますが、食事の回数を減らすと食事をした時にエネルギーが一気に吸収されてしまうので太りやすくなります。肥満防止には1日3食規則正しく食べるのが有効です。

食事の偏食をやめる
好きなものだけを食べているとエネルギーオーバーになります。肥満防止と体調維持のために栄養のバランスの良い食事をするようにしましょう。

ながら食いが太ります
テレビや新聞を見ながら食事をすると無意識のうちに食べ過ぎてしまう傾向があります。早食いも満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうもの。食事はよく噛んで味わうことが大切です。

脂肪分や糖分を控えることが大切
脂肪や糖分は肥満の原因になります。脂分をあまり使わない和食を中心に食生活を改めましょう。スナック類や菓子の食べ過ぎには注意が必要です。




間食、清涼飲料水を上手に控える方法
ダイエット中に食事を我慢しても清涼飲料水を多く飲んでしまうとダイエットになりません。清涼飲料水にはエネルギーが多く含まれているからです。エネルギー量が多い飲み物を大量に飲んでいてはダイエットにはなりません。

100%ジュースにも砂糖は含まれています。缶コーヒーの低糖タイプにも砂糖が含まれています。普通のコーヒーには砂糖が多く含まれています。スポーツドリンクにも砂糖が含まれています。


日本茶、コーヒー、紅茶葉いぞれもエネルギーを持たずにカフェインを含んでいます。

カフェインは新陳代謝を高めて体脂肪を減らす働きがあります。ダイエット中にはとてもよい飲み物です。消化促進の作用があるのでお腹が空きやすくなります。飲み過ぎると胃を荒らすことがあるので注意しましょう。

烏龍茶はエネルギーがなく脂の分解作用があるのでダイエット中の水分補給に適しています。




 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
よく噛んで食事すれば痩せます
早食いでよく噛まないで食事する人は太りやすくなります。よく噛んでゆっくり食事すれば痩せやすくなります。

食事に時間をかけて食事をすることで満腹中枢が刺激されて少ない量の食事でも満腹が得られるからです。

食欲を抑えて内臓脂肪を燃やす秘密はよく噛み、ゆっくりと食事をすることです。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。