健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

肝臓病と便秘改善

肝臓病と便秘は密接に関係しています。

便秘になって腸内に弁が長時間留まると腸内の腐敗菌が便を分解してアンモニアなどの有害物質を発生させます。

多くはガスとなりおならやゲップとして体の外に出ていきます。一部は血液の中に溶け込んで肝臓で解毒されます。

便秘が長くなり有害物質が増えれば増えるほど肝臓の負担も大きくなります。

肝臓病で肝機能が低下している人は数日の便秘でも肝臓に大きな負担を与えています。

有害物質の処理がうまく行かずに大量に増えたアンモニアが中枢神経に影響を与えて肝性脳症を引き起こすことがあります。肝性脳症は意識障害などをもたらす病気です。



便秘を予防するためには規則的な便通習慣をつけることが有効です。

食事が胃に入ると刺激により便を直腸や肛門の方へ送る大腸の蠕動運動【ぜんどううんどう】が活発になり排便しやすくなります。

蠕動運動が行われるためには、規則正しい生活を送り、適度な運動で体のリズムを作ることが大切です。

夜更かし早めて朝食をしっかりと食べ、便意がなくてもトイレに座る習慣をつけることが大切です。


食事には、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、海藻類、きのこ類、寒天などの食物繊維が多いものを食べる習慣を身につけましょう。

腸内の善玉菌を増やしアンモニアの発生をおさえるヨーグルトなどの乳酸菌を積極的に食べるとよいでしょう。



 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。