健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報肝臓の機能

睡眠と肝機能回復

肝炎や肝硬変の人が症状を改善するには規則正しい食事と適度な運動が大事です。

規則正し生活習慣も病気の改善には欠かすことが出来ません。睡眠時間もとても大事になります。

睡眠は体の疲れを取り、ストレスを解消し、体全体をリフレッシュするためにも脳や神経をかすませるためにも必要です。

睡眠中はエネルギーの消費が最小限になるので代謝活動も制限されることから肝臓の負担は軽くなり肝臓の疲れも癒やされることになります。

肝臓に病気がある人にとっては睡眠はとても大切な生活習慣になります。肝臓に病気がある人はできるだけ多くの睡眠時間をとるようにしましょう。


夜更かしや不規則な生活の中で睡眠をとると食事療法や運動の量に影響していきます。

不規則な生活はホルモンのバランスが崩れて免疫力も低下し肝炎ウイルスなどを活発にする恐れがあります。

睡眠時間はながければ良いということではなく、規則正しい生活の中で十分に確保することが大切です。


睡眠時間が少ない人は、横になることを心がけるようにしましょう。

体を横にすると肝臓に流れる血液は立っている時に比べて30%も増加して肝臓をリフレッシュしてくれます。肝臓障害のある人にとっては横になる睡眠は治療の基本になります。





寝る前の水が効果的
私たちは寝てる間に汗をかきます。一晩で1リットルの水分を体の外に出しています。このため朝方になると水分が体の外に出て行くため血液がドロドロになっている事があります。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
タンパク質の上手なとり方
肝臓の細胞はタンパク質で出来ています。肝臓の機能の回復にはタンパク質が必要になります。

脂質と糖質のとりすぎを防ぐ
脂肪分の多い食事を続けていると脂質の取り過ぎになり脂肪肝になりやすくなります。
肝臓をいたわるには塩分を控える
塩分の過剰な取り過ぎは高血圧、動脈硬化、心疾患、脳梗塞などの生活習慣病と関係しています。

アルコールの上手な飲み方
アルコールを飲むと肝臓で分解と処理が行われるので肝臓に大きな負担がかかります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。