健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

コレステロールについて

コレステロールは血液中に含まれる脂質の一つです。脂質は体の中にある脂のことでタンパク質や炭水化物と三大栄養素と言われるものです。

コレステロールは不要なものと思われていますが、生きていくうえで無くてはならないものです。コレステロールは細胞も膜や神経細胞の材料としてりようされています。コレステロールが少なくなると細胞膜が薄くなったり神経細胞も成長できません。

コレステロールは体の調整機能に深く関わるホルモンや食物の消化吸収に必要な胆汁の主成分である胆汁酸の材料としても利用されています。

ホルモンが体の中でしっかりと作られなければ血圧、体温調整などの体の機能が低下して病気になることがあります。胆汁が少なくなれば消化吸収がうまく行かずに胃腸に負担がかかることになります。

コレステロールはからだに悪いものと思いがちですが大切な働きがあります。




コレステロールは肝臓で合成されて血液で体のあちこちに運ばれていきます。使われなかったコレステロールは肝臓に戻り新しいコレステロールを作る材料に再利用されます。

肝臓から血液中に運ばれるコレステロールをLDLコレステロール、血液中カラ肝臓に運ばれるコレステロールをHDLコレステロールといいます。

LDLコレステロールが酸化されると体は異物と思い体の外に出そうと免疫細胞が酸化LDLの周りに集まります。しかし酸化LDLコレステロールを取り込んでしまった免疫細胞は分解することが出来ずに血管の壁についてしまいます。血管の壁に酸化LDLコレステロールがついてしまうことで血管の壁が膨らみ動脈硬化などが促進されていきます。



コレステロールは脂質なので水が主成分の血液に溶けることはありません。血液中を移動するときにはリポ蛋白という物質にコレステロールが変化して体の中を移動していきます。

肝臓で合成されたコレステロールと中性脂肪はVLDLとなり体内に送られていきます。IDL、LDLと変化していきます。LDLは全身にコレステロールを運んで細胞膜やホルモンの材料になります。

余ったコレステロールを血液中や各臓器から回収して肝臓に戻す役目がHDLコレステロールです。


 ・コレステロールと健康診断
 ・コレステロールとは
 ・2種類のコレステロール
 ・悪玉LDLコレステロール






コレステロールが上がる原因
コレステロールは約80%が体の中でつくられ、残りは食品から吸収されるものとで成り立っています。
動物性脂肪の多い食品やコレステロールの多い食品、トランス脂肪酸の多い食品の過食は、体内にLDLコレステロールを
増やし過ぎてしまうと考えられています。
・コレステロール値を挙げる食品
・加工油脂・揚げ油の再利用
・肥満体質

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
毎日の食生活を見直してみる
コレステロール値が上がる理由は毎日の食生活にあります。

食べ過ぎない知識を覚える
いつもお腹いっぱいになるまで食べたのではエネルギーの取りすぎになります。
ストレスと中性脂肪の関係
ストレスも一時的なものなら問題はないのですが、長い期間に渡りストレスを感じていると健康面で大きなダメージを受けてしまいます。

リラックスでストレス解消
ストレスが長くなると中性脂肪が増えることがあります。中性脂肪が増える状態が長く続くと悪玉LDLコレステロールが増えて善玉HDLコレステロールが減っていきます。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。