健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

中性脂肪について

中性脂肪の役割は体を動かすためのエネルギー源です。体の中にある脂質の一つでエネルギーを蓄える性質から遊離脂肪酸とともに貯蔵脂肪とも呼ばれています。中性脂肪により体を動かしたり体温を保つことが出来ます。

コレステロールも脂質の一つですがエネルギーにはなりません。

問題になるのは余った中性脂肪は捨てられることなく体に蓄積されていくことです。


中性脂肪を体の中で増やす食べ物は脂質と思いがちですが実は炭水化物です。炭水化物、タンパク質、脂質は体に必要な栄養です。脂質は体の中で中性脂肪になります。中性脂肪の中には炭水化物やタンパク質から作られるものもあります。

脂質を控えても炭水化物を取りすぎていれば中性脂肪を減らすことは出来ません。

ご飯や麺類などの炭水化物、甘いものなどに含まれる糖質はブドウ糖になり小腸で吸収されて血液中に運ばれていきます。血液中のブドウ糖はエネルギーとして使われますが余るとブドウ糖はもったいないので中性脂肪に作り替えられて体に蓄積されていきます。




中性脂肪が余ると肥満状態になりますが血液中の濃度も高くなります。血液検査で中性脂肪値が高い状態は血液中の濃度が高い状態です。中性脂肪値の濃度が高い人の血液はドロドロしている状態がコレステロールが高い人に比べてとても激しい状態で健康な人のように血液がスムーズに流れていません。

血液がドロドロ状態になると血管の内側を傷つけて動脈硬化につながる危険性が通常よりも高くなっていきます。高血圧や糖尿病など危険な病気が重なることで心臓病にかかわるリスクも高くなっていきます。

血液中の中がドロドロになるのはかたよった食事や不規則な生活など生活習慣の乱れと運動不足が原因です。


血液の中に中性脂肪がたくさんあると善玉HDLコレステロールを減らすことになります。善玉HDLコレステロールは血液の中にたまる悪玉LDLコレステロールを肝臓に運ぶ働きがありますが少なくなるとすべて運ぶことができなくなり血管の中に悪玉LDLコレステロールが溜まることになります。


 ・動脈硬化の動脈とは
 ・動脈硬化の種類
 ・動脈硬化になるのか
 ・動脈硬化が怖い理由


中性脂肪を減らすために
脂っこい食事や食べ物は勿論ですが、甘いもの、甘くなくても炭水化物を控えるようにしましょう。
果物やジュースをとりすぎていませんか。
大事なことは全く食べないでは体の代謝がうまくいかないので、ほどほどに控えるようにすることです。
軽い運動も大事です。たまにする強い運動よりも毎日の軽い運動のほうが効果が出やすくなります。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
中性脂肪値が高い
血液中の中性脂肪の量が多いことになります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。