健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

脂質異常症

体脂肪が標準よりも多い、血液の中の脂肪が多い、血圧が少し高い、血糖値が高い、このような症状はコレステロールや中性脂肪が原因でおこり内臓脂肪や血液がドロドロになることでおこります。

本格的な病気になる前に気がつくことができれば殆どの病気は生活習慣を改善することで予防ができてしまいます。脂質異常症や動脈硬化、糖尿病など命にかかわる病気は自分で予防することが出来ます。

コレステロールや中性脂肪の脂質異常には大きく分けて3つあります。

  ・高LDLコレステロール血症
  ・低LDLコレステロール血症
  ・高中性脂肪血症

血液の中にはコレステロールや中性脂肪などの脂質が存在します。脂質は細胞やホルモンなどの材料になったり生きていく上でのエネルギーになったりします。しかし血液中に必要以上に増えるといろいろな病気になります。

血液中のコレステロールや中性脂肪などが必要以上に増えることを脂質異常症と言います。病院で脂質異常症と診断されたら食事や運動など生活習慣を見直す事から始めていきます。



脂質異常症になる原因
脂質異常症になる原因の多くは乱れた食生活や生活習慣が血液中の脂質バランスを崩すことでおこります。

カロリーの高い食事、揚げ物、炒めものや脂肪の多い食品のとりすぎ、お酒の飲み過ぎ、野菜不足などの食生活葉血液中の脂質のバランスを崩して脂質異常症を引き起こしてしまいます。

食事以外に運動不足やストレス、喫煙の良い影響は与えません。体を動かさないと脂質は消費されずに血液中にたまったままになってしまいます。ストレスは暴飲暴食につながり血液中の脂質を増やすことになります。

喫煙することでタバコに含まれる有害成分が血管を傷つけ脂質異常症から動脈硬化に進んでしまいます。

 ・カロリーオーバーの食事
 ・脂肪分の多い食事
 ・野菜不足の食事
 ・飲み過ぎ
 ・ストレス
 ・運動不足
 ・喫煙



脂質異常症は動脈硬化や狭心症など命にかかわる病気を引き起こす原因
脂質異常症という体にとって危険な要素があると通常な人と比較して狭心症や心筋梗塞が5倍以上になる恐れがあります。脂質異常症だけでなく、高血圧、高血糖、肥満があります。

危険な要素が重なることで動脈硬化まで進む可能性が格段に高くなります。特に高血圧は脂質異常症と並んで重要な危険因子と言われています。



子供の脂質異常症は運動不足が原因
脂質異常症は大人の病気と考えられてきましたが最近では脂質異常症の子供も増えてきています。食べ過ぎや運動不足が理由でおこる脂質異常症は肥満からおこる事がほとんどです。

子供に脂質異常症があるからといってコレステロールの摂取量を減らすわけには行きません。コレステロールは細胞膜やホルモンの材料になるため極端に不足すると成長障害を起こす危険があります。

子供の脂質異常症の多くは家庭の食生活が影響していることがほとんどです。脂肪分の多い食品を減らして家族全員で栄養バランスを考えた食事内容にすることが大切です。


脂質異常症と病気
膵臓はすい液という消化酵素を含んだ消化液を作り十二指腸に分泌しています。すい液が膵臓自身を消化してしまうのが膵炎です。

膵炎の発症リスクを高くするのがお酒です。お酒と一緒にコレステロールや中性脂肪の多い食べ物をとっている人に特に多く発症することがわかっています。


胆のうと肝臓などをつないでいる管を胆管といいます。ここに出来る結晶を胆石といいます。胆石の成分の一つにコレステロールがあります。

コレステロールの過剰摂取が理由で消化しきれなかったコレステロールが結晶化すると考えられています。



 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
脂質異常症の改善には
 1に禁煙
 2に食生活の是正
 3に適正体重の維持
 4に運動の増加
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。