健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

動脈硬化と血管

動脈硬化は重大な病気のもとになる可能性があります。

動脈硬化はカレイとともに血管の柔らかさが失われて硬くなった状態をいいます。血管は柔らかくのびちじみを出来るようになっています。血管に柔軟性があるので血液がスムーズに流れて伸び縮みします。

血液がスムーズに流れることで体の中に酸素や栄養を十分い運ぶことが出来ます。しかし年をとると血管の壁が厚くなり硬くなってしまいます。


動脈硬化が進行して血液が流れにくくなると高血圧になる可能性があります。また血管が詰まると狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの命にかかわる病気を発症することがあります。


動脈硬化は老化現象の一つとして起こるので完全に止めることは出来ません。しかし毎日の生活習慣で進行を遅らせることは出来ます。


動脈硬化予防の一つはコレステロールの過剰な摂取をやめることです。


動脈硬化が進行すると心臓の筋肉に栄養と酸素を送る血管が細くなり血液が流れにくくなってしまいます。

動脈硬化で固くなった血管は血栓が詰まりやすくなっています。血栓ができることで血液の流れが悪くなり心臓の筋肉に酸素と栄養が送られにくくなった状態が心筋梗塞です。

心筋梗塞は中高年の病気と思われていますが内臓脂肪型肥満の人も可能性があります。


厚生労働省の調べではBMIが30位上になると狭心症や心筋梗塞の発症リスクが30以下の人に比べて1.8倍にもなります。


動脈硬化によって脳の血管に血栓が詰まると血液が流れにくくなり脳細胞に栄養と酸素が運ばれていかなくなり脳梗塞になります。

血液が行かなくなった場所によっては後遺症を残すこともあります。太い血管が詰まると運動の機能や感覚障害、言語の障害がおこりやすくなります。細い血管が詰まると認知症などの病気につながります。


脳梗塞は予兆が合ってから発症します。手足に麻痺が出たりろれつが回らなくなったり片側がしびれたりします。このような症状が出たらすぐに病院に行きましょう。

早期に治療を行えば命が助かる確率も高くなり後遺症が残りにくくなります。

コレステロールや中性脂肪の異常は知らないうちに動脈硬化が始まり突然脳梗塞になる可能性があります。


脳梗塞の予兆
 ・首が痛い
 ・耳鳴りがする
 ・足がふらついて歩きにくい
 ・ろれつがまわらない
 ・言葉が出てこない
 ・人の言葉が理解できない
 ・ものが二重に見える
 ・片方の目が見えにくくなる
 ・目の前が暗くなる
 ・体の片方がしびれる
 ・食物が一時的に飲み込めない
 ・食事中に箸を落とす
 ・意識が途切れる


 


 魚中心の食生活で血管年齢を改善
NO(一酸化窒素)は血管の内皮細胞というところで作られているので、血管の内皮機能を高める食材が効果的です。
最も重要なのは“EPA”という魚に含まれている脂になります。
主に青魚に含まれる成分で、悪玉コレステロールを減らし血管内皮細胞を健康に保つ環境を作ってくれます
魚・青魚、EPA(エイコサペンタエン酸)

 GABA・ギャバ
発芽玄米などに多く含まれる成分で、血管の過度な収縮を抑制してくれスイカ、メロン、発芽玄米などに多く含まれています。


動脈硬化と病気
大動脈の内壁が動脈硬化で盛り上がり血圧で押されてコブのようになっている状態を大動脈瘤と言います。大動脈は心臓からつながる太い血管です。コブが大きくなり破裂すると命に関わります。



動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的





 つま先立ちステップ 血管年齢改善法
かかとは着地せず、つま先だけでゆっくり大きく足踏みをします。無理せず1日30歩程度が目安です。

つま先立ちすることで体重の4倍の負荷が足の筋肉にかかり、ふくらはぎを有効に動かすことが出来ます
ふくらはぎは第ニの心臓と言われるほど重要で、血液が心臓に返ってくるのを手伝う働きがあります。
すると血液循環が良くなりNO(一酸化窒素)も増え、それがさらに血管を拡げるという好循環につながっていきます。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
毎日の食生活を見直してみる
コレステロール値が上がる理由は毎日の食生活にあります。

食べ過ぎない知識を覚える
いつもお腹いっぱいになるまで食べたのではエネルギーの取りすぎになります。
今は太ってしまう生活環境です
太りやすい人は体に脂肪をためやすい人です。昔なら飢餓に打ち勝ちやすい優れた体ですが現代では優れた体とは言い難くなっています。

痩せる前に太る理由を理解しましょう
太る理由は食べ過ぎです。生活で使うエネルギーよりも食べたエネルギーが多くなれば太ります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。