健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

炭酸飲料と内臓脂肪の関係

冷たい飲み物をよく飲むことは内臓脂肪を蓄えてしまう事になります。

冷たいものを飲むと血管がちじまり血液の流れが悪くなります。

血管の中を流れる血液の温度も下がってしまいます。

血液の中にはコレステロールや中性脂肪などの脂質が含まれているので血液の温度が下がることで脂が冷えてしまい血液がドロドロになってしまいます。

ドロドロの血液になると血液の流れが悪くなり代謝が悪くなります。

飲み物をのんだあとの消化、吸収活動でもエネルギーを消費していきますがお腹が冷えて代謝が悪くなるとカロリーの消費がしにくくなります。

代謝が悪くなることで消費がしにくくなると内臓脂肪はいつまでも消費することは出来ません。

胃が常に冷やされることで体街を守るために脂肪をつけてしまいます。

冷たいものを頻繁に飲む習慣は肥満につながるのでやめるようにしましょう。



どうしても炭酸が飲みたいときは0カロリー炭酸がおすすめです。

炭酸水を飲むと、体内で炭酸ガスが発生し、胃がふくらみ、その信号が脳の満腹中枢を刺激します。
じゅうぶん食べたと脳がカン違いし、満腹中枢を刺激するので擬似的な満腹感が得られるのです。

炭酸には、体脂肪の素となる脂質を胃や腸で包み込み、そのまま体外へ排出するという作用も。食べ物から入ってきた脂質は、体内に吸収されずに排出されるので、太りにくくなります。

炭酸入りお風呂で代謝促進
炭酸ガスが溶けたお湯につかると、皮ふから毛細血管に炭酸ガスが吸収され、血管が酸欠状態に。
すると、もっと酸素を運ぶために血流が促されて内臓機能が活発になり、基礎代謝がアップにつながります。


 

 ・脂肪肝と中性脂肪
 ・動脈硬化と血管
 ・食生活でコレステロール改善
 ・食事日記を付けてダイエット







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
肥満と対策
食生活や運動不足、ストレスなどで肥満はじわじわ進行していきます。肥満になると生活習慣病を引き起こしていきます。肥満の対策は生活習慣を見なおして改善することが最も有効です。

2タイプの肥満
肥満は特徴と見た目から2つのタイプに分けることができます。内蔵の周囲に脂肪がつきりんご型肥満ともいわれる、内臓脂肪型肥満。
肥満から病気に
肥満をそのマッマにしておくことで糖尿病や高脂血症などの生活習慣病になる可能性があります。

子供の肥満に注意
肥満といえは大人の問題と考える人が多いと思います。しかし子供の中にも肥満は広がり動脈硬化の可能性が疑われることもあります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。