健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

ビタミンとコレステロール

毎日の食事から取りたいのが抗酸化物質のビタミン類です。

野菜や果物に含まれるビタミンC、ビタミンE、緑黄色野菜の天然色素であるカロチノイドやアントシアニン、大豆のイソフラボン、お茶に含まれるカテキンなどが抗酸化物質です。

ベータカロテン、ビタミンC、ビタミンEは活性酸素を取り除いて脂質異常症や動脈硬化の進行を遅くしてくれる働きがあります。

抗酸化ビタミンはサプリメントからも取れますが理想は食べ物からとることです。

食品にはビタミンだけでなく食物繊維やミネラルなどいろいろな成分が含まれています。

食品にはとりすぎによる副作用がなく安全の巾が広いと言えます。

食事内容が偏っていた時や、強いストレスお感じたときはサプリメントで抗酸化物質を補うことも必要です。

 


ベータカロテン
体の中に入ると必要なときにビタミンAに代わり強い抗酸化作用を発揮します。

皮膚や粘膜を丈夫にして免疫細胞の働きを活性化させていきます。

緑黄色野菜にはべーたカロテンが豊富に含まれています。

ベータカロテンは加熱に比較的強いので油と一緒に炒めると吸収率が上がります。


ビタミンC
抗酸化ビタミンの代表です。ストレスへの抵抗力を強める働きがあります。体の免疫力を高めたりコレステロール値や血圧を下げる働きなどがあります。

血液中で白血球同士の粘着を阻止してサラサラの血液を作る作用もあります。

多くの野菜に含まれているビタミンCですが水に溶けやすい性質があります。加熱調理をすると栄養の大半が壊れるので調理は素早く済ませましょう。


ビタミンE
抗酸化力が非常に優れているビタミンです。細胞膜を構成する脂質が活性酸素により酸化されるのを防ぎます。

粘膜や皮膚の再生にもかかわっているので老化を防ぎます。

血流を良くしたり発ガンを抑える作用など健康への効果が期待されています。


ミネラル
コレステロール値や中性脂肪値が高い人が意識してとりたいのがミネラルです。

コレステロールや中性脂肪を正常に保つクロム、脂質や糖質の代謝にかかわるマンガン、酵素を活性化させるマグネシウム、コレステロールの備蓄を防ぐ亜鉛、脂質の酸化を制御するセレンなどが上げられます。

ミネラルの必要量は少しですが体の中で作ることが出来ないので毎日の食事から体の中に取り入れることが必要です。

ナトリウムの取り過ぎはカリウムを体の外に出すなどの反発効果があるのでいろんな食べ物からバランスよく取るようにしましょう。


 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報
 ・サプリメント情報

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
活性酸素
活性酸素は簡単に言うと細胞を酸化して錆びさせるものです。正常な量なら細菌や異物をやっつけるのですが、多量になると自分自身も酸化してしまうのです。

細胞の酸化は、皮膚のしわやしみなどの老化といわれる軽いものから、白内障や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を引き起こします。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。