健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

お酒とコレステロール

お酒はコレステロールや中性脂肪を増やすと言われていますが、適量を守っていれば害にはなりません。

体の中の代謝を良くしてくれるので動脈硬化予防にもつながります。

お酒にもカロリーはあります。お酒は1グラム7キロカロリーで多いのですが25%程度は熱として体の外に放出されるのでカロリーとして体の中にの頃のは1グラム5キロカロリー程度になります。

お酒に含まれる少量の糖分、ビタミン、ミネラルを除けばお酒には栄養素は含まれていません。


お酒には健康効果があります。

気分を良くしてくれ血行が良くなるので体温が上昇して代謝が良くなります。

血液の中の善玉HDLコレステロールを上昇させて動脈硬化の進行を抑えてくれます。

赤ワインには抗酸化物質のポリフェノールが多く含まれています。

お酒が健康によいのは適量を飲んだ場合です。大量にお酒を飲んだ場合には脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール依存症につながります。


お酒を飲んで太ってしまった人はお酒のせいではなくおつまみの食べ過ぎが原因です。

食べながら飲むお酒はあrコールの吸収も良くなり肝臓への負担も少なくなりますが食べ過ぎはよくありません。

夜遅くまで食べるのも肥満の原因になります。


お酒には利尿作用があるのでお酒を飲むと体の中の水分が尿として排出されます。お酒を飲んでねてしまうと体の中の水分が減って動脈硬化から脳梗塞を起こしてしまうかもしれません。

お酒を飲んだあとは必ず水分補給をするようにしましょう。





 ・水分を多くとる
 ・お酒とコレステロール
 ・健康食品について

ストレス対策でコレステロール撃退
緊張したり興奮したりすると血圧が上がりますがコレはストレスが副交感神経を刺激して血管を収縮させるためです。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
アルコールはカロリーはありますが、人体はアルコールが余っても、脂肪に変換することができない性質の物質です。

三大栄養素の蛋白質、脂質、炭水化物にはカロリーがあります。

三大栄養素の場合は、カロリーが余ったら、脂肪に変えて貯蔵できます。

アルコールだけは、カロリーが余っても脂肪に変えられない不思議な物質で、仕方がないので、熱や水にして排出するしかありません。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。