健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

生活習慣と脂質異常

毎日の睡眠不足や生活習慣が不規則になると血液に老廃物がたまり流れが悪くなってしまいます。毎日続くとホルモン分泌や代謝の異常をまねき脂質異常症や糖尿病などを引き起こすことになります。

睡眠は就寝と起床の時間を一定にするようにしましょう。できるだけ12時までには寝ることが理想的です。

就寝と起床が不規則になると自律神経が麻痺したりホルモンの分泌がアンバランスになったりします。

ホルモンにより細胞の修復や交換が行われていますが睡眠中の12時前後に行われています。

睡眠時間が少ししか取れない場合は少しでも早い時間に寝るようにしましょう。深夜型ではなく早起き型にするほうが質の高い睡眠が取れます。



入浴には体の免疫力を高くする効果があります。

お湯につかってゆっくりと全身を温めることで血管の中の血液も温まります。温かい血液が体全体に行き渡り毛細血管を広げて血液の循環を良くしてくれます。

体が温まると血液中の白血球の働きが良くなり古くなった細胞が取り除かれて体の免疫力が高まる効果が期待できます。


お風呂にはいるときは少しぬるめのお湯に20分程度入るのが基本です。

熱いお湯に入ると交感神経が活発になり末梢神経が収縮し血圧が急上昇して心臓に負担がかかります。


体が十分に温まったら最後に足のひざ下にシャワーで水をかけます。血管が刺激されて血液の循環が良くなります。



 ・睡眠を上手に取る
 ・良い生活習慣
 ・タバコとコレステロール
 ・定期的な健康診断

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食事の時間を決めるメリット
コレステロールを下げるために行う食事療法を続けるためには毎日の食事時間を決めるのが有効な方法です。起きる時間が決まれば寝る時間も自然に出来上がってきます。

有酸素運動でコレステロールを下げる
運動には呼吸を止めて行う無酸素運動と、息をすったり吐いたりして呼吸を整えながら行う有酸素運動があります。
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。