健康第一 コレステロール情報

 ・動脈硬化情報
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・体脂肪とコレステロール

健康第一 コレステロール情報コレステロールと中性脂肪

運動習慣とコレステロール

コレステロールと中性脂肪の数値を改善するためには体を動かしてエネルギーを消費させることが大切です。

エネルギーの消費には激しい運動よりもゆっくりとした運動が効果的です。

毎日の生活でもこまめに体を動かせばエネルギーは消費されていきます。

エレベーターやエスカレーターを使わないだけでも運動になります。

コレステロールや中性脂肪を消費するためには体を動かす習慣を身につけることが大切です。





コレステロールや中性脂肪を改善するためには筋肉運動、有酸素運動、ストレッチを組み合わせて行うようにしましょう。

筋肉運動
筋肉を増やすための運動です。ダンベル体操、スクワットなどです。

有酸素運動
脂肪を燃やすための運動です。ウォーキングやジョギングなどです。

ストレッチ
筋肉をほぐすための運動です。柔軟体操、整理体操などです。



筋肉運動で代謝を上げる筋肉を増やして有酸素運動で脂肪を消費していきます。最後にストレッチで筋肉をいたわります。

運動はハードな運動と思いがちですが、普段運動を行っていない人がいきなり運動を行うと血圧が急に上がったり心筋梗塞や脳梗塞になりかねません。

激しい運動は長く続か無いので無理しない運動が大切です。



体が普段からエネルギーを沢山消費すればエネルギーがあまり脂肪になることはありません。エネルギーをたくさん使うということは基礎代謝を高くするということです。

基礎代謝は動かなくてもエネルギーが消費される量です。

基礎代謝を決めるのは筋肉の量です。筋肉は糖質や脂質を燃やしてエネルギーを消費します。筋肉が増えることで基礎代謝が増え太りにくくなります。

筋肉には持久力の強い赤筋と瞬発力の白筋があります。

赤筋は脂肪を燃やしてエネルギーにするので長時間の運動にも耐えることが出来る筋肉です。エネルギーを消費するためには赤筋を多く作ることが大切です。


筋肉を増やすというのは筋肉の繊維を太くするということです。脂肪を燃やしてくれる赤筋を鍛えて繊維を太くするためには負荷の高くない運動を多く行うのが効果的です。

赤筋を鍛えるためには、ダンベル体操、腹筋、背筋、スクワットなどがよいでしょう。

筋肉は早く動かすよりもゆっくりと動かしたほうが血液が行き渡り新しい組織が生まれやすい特徴があります。

ダンベル体操、スクワット、背筋、腹筋を反動なしでゆっくりと呼吸を行いながらします。

姿勢を保つための筋肉には赤筋が多く存在するので重点的に鍛えるトよいでしょう。太ももの大きな筋肉を鍛えるのが効果的なのでスクワットは理想的です。

太ももの筋肉は大きいので基礎代謝を増やすためには効果的です。

赤筋が増えていけば脂肪を常に燃焼していくことになり脂肪がたまりにくい体になります。





少しの時間と少しのスペースで出来るスクワットで赤筋を鍛えましょう。

足を肩幅ぐらいに広げて息を吸いながらゆっくりと膝を曲げます。息を吐きながらゆっくりと立ち上がります。

5秒で曲げて、5秒で伸ばす。10秒かけて1回のスクワットです。毎日10回するだけでも効果が出てきます。

軽い負荷が持続してかかるので赤筋を鍛えるのにはピッタリです。

どこでもできるので気軽に始めてみましょう。



運動習慣とコレステロール
 ・運動でコレステロール改善
 ・コレステロールを下げる有酸素運動
 ・運動は自分のペースで無理なく
 ・有酸素運動とウォーキング
 ・簡単筋トレで運動効率UP
 ・運動前トストレッチ
 ・生活の中で運動を増やす


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
有酸素運動でコレステロールを下げる
運動には呼吸を止めて行う無酸素運動と、息をすったり吐いたりして呼吸を整えながら行う有酸素運動があります。

メタボメ茶で楽々ダイエット
最近太ったかも、鏡の前で思ったことはありませんか。鏡を見て気がついたときはかなりやばい状態かもしれません。

TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。