健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>肥満から病気に

肥満から病気に

肥満をそのままにしておくことで糖尿病や高脂血症などの生活習慣病になる可能性があります。

肥満の問題点はいろいろな生活習慣病を引き起こす大きな要因になることです。特に肥満は糖尿病を発生させやすくなります。

食事からとった糖は生きていくうえで重要なものです。筋肉、肝臓細胞、脳、血液などで使われていきます。この時インスリンが必要になるのですが肥満状態になるとインスリンの働きが悪くなり糖分が使われにくくなります。

この状態が長くなることで血液中の血糖値が上昇して糖尿病を発症してしまいます。


肥満は動脈硬化【動脈硬化情報】へ発展することがあります。コレは高中性脂肪血症と高血圧を合併することがありからです。


肥満を体の状態と考えているのは適当ではありません。生活習慣病との合併症を起こしやすい疾患と考えなければいけません。


食事の変化とともに動物性タンパク質を始めとする高カロリーな食事をするようになり高脂血症や高コレステロール血症といった病気の割合が多くなりました。

高脂血症や高コレステロール血症は動脈硬化【動脈硬化情報】をまねき心臓病や脳の病気を引き起こすことが多くなります。

動脈硬化の原因である肥満は生活習慣に問題があることがほとんどです。肥満の対策と改善が一番有効になります。


血液中の中性脂肪値が高いと動脈硬化を起こしやすいのですが、悪玉LDLコレステロール値が高い人や、善玉HDLコレステロール値が低い人も注意が必要です。


中性脂肪は動脈硬化に深い関わりを持っています。



 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。