健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・動脈硬化が進むとどうなるのか?

健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>異常の時は再検査が必要

異常の時は再検査が必要

血液検査の結果に異常が見つかれば再検査を行います。再検査では高脂血症について調べられます。

体脂肪率や体脂肪量の測定、食前食後などのいろいろな状態での血圧測定などが行われます。

体脂肪は市販の測定器を使うことで過程でも簡単に測定出来ますが体内の水分量の変化により数値が異なることがあるので目安と考えるようにしましょう。

病院ではX線、超音波エコーで正確な体脂肪料を測定すると共にどのあたりに沈着してイルカ正確に調べます。


高脂血症と診断された場合にはどの程度進んでいるか、動脈硬化の釣行はないかなどがをよく調べることになります。


高脂血症は総コレステロールや中性脂肪が多いだけでなく善玉HDLコレステロールが低いことも含みます。

付随する疾患【高血圧、糖尿病、高尿酸血症、肥満】が合併すると更に動脈硬化が進みます。


中性脂肪が気になりだしたら病院で検査を行うのが一番です。

中性脂肪値の測定や高脂血症を診断するための血液検査は、かかりつけの医師がいるときは医師に相談しましょう。

かかりつけの医師がいないときは人間ドックを行なっている内科のある病院へ相談します。

人間ドックを行なっている病院は治療やアドバイスが期待できるからです。


中性脂肪を原因とする病気はほとんどが双木においては自覚症状がありません。あったとしても頭が重い、疲れやすい、だるいなど日常的なことばかりです。

いつもと違うと感じても大事に考えることなく過ごしてしまいがちです。体の変調や違和感を覚えたら状態をメモしておきます。

病院へ行く1週間ぐらい前の食事メニューや日常生活などを記録しておくと医師に症状がわかるだけでなく早期に原因を判断する材料になるので有益です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
高脂血症基礎知識
 ・高脂血症とは
 ・高脂血症と病気
 ・中高年と高脂血症
 ・高脂血症の原因
 ・高脂血症と病気
 ・高脂血症と自覚症状
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。