健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>食生活のポイント紹介

食生活のポイント紹介

中性脂肪やコレステロールを減らすためのポイントは自分の食事生活を見直す事です。自分の食事生活を見直していくと必ず悪い習慣が見つかるはずです。

悪い習慣をやめるだけでも、中性脂肪、コレステロールの数値は改善されていきます。


中性脂肪、コレステロールを減らしていくには毎日の食事生活の見直しからです。

毎日の食事は脂肪を溜め込み肥満にならないためにも非常に重要です。



必要以上に食べ過ぎれば太ります。当たり前のことです。たくさん食べても食事のエネルギーを運動で消費出来れば問題はありません。

食べ過ぎの判断は、自分の運動量、活動量を考えて判断しましょう。たくさん食べたい人は運動 を行い消費量も増やせば問題ありません。

ただし運動 での消費エネルギーは思った以上に少ないのも現状です。

食事は腹八分目 、もう少し食べられるくらいでやめるのがちょうどよい目安です。



食事を行い脳が満腹を感じるまでには20分程度の時間がかかります。早食いを行うと満腹を感じるまでに食べ過ぎてしまいます。

よく噛んでゆっくり食べるように心がけましょう。


   



1日野食事回数が少ないと太る傾向があります。お相撲さんは1日2食です。食事の回数が少ないことが習慣になると体は次の食事までエネルギーを確保しようと肝臓で中性脂肪をたくさんつくり貯めこんでしまうようになります。

空腹の状態が長い時間続くと中性脂肪も多く作られます。

食事回数を減らしたダイエットが後でリバウンドするのもこのためです。



昼間は消化能力が低くなり、夜は消化吸収が高くなります。

間食やお酒で取り過ぎたカロリーは夜寝ている間に脂肪になり体に蓄積されていきます。

夕食の時は筋肉や血液などを作るタンパク質を食べ、活動量の減る夕食後は糖質や脂質のようなエネルギーになるものは控えるようにしましょう。





 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
食べ過ぎになりやすい食事環境を見直す
食べ過ぎを防ぐ一番簡単な方法は、食べ物のストックをヘアスことです。近くに食べ物がなければ食べ過ぎる心配はありません。

太りやすい生活環境を記録する
太る理由を知るためには、毎日の生活環境を記録し見直すことが一番の近道です。
健康栄養素
 ・ビタミンC
 ・ビタミンE
 ・ベータカロテン
 ・食物繊維
 ・オリゴ糖
 ・タウリン
 ・大豆タンパク
 ・カテキン
 ・EPAとDHA
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。