健康第一 コレステロール情報中性脂肪情報>タバコと中性脂肪の関係

タバコと中性脂肪の関係

タバコはなかなかやめることができない習慣です。タバコは動脈硬化を促進し脳血管庄や心疾患を起こす大きな要因になります。

タバコが健康上問題があることは説明するまでもありません。特に肺への負担は相当なものです。

タバコを吸う人の癌になる確率は吸わない人の4倍以上と言われています。タバコを吸う本人だけなら良いのですが家族など周りへの影響があることも見逃せません。

タバコには有害物質が多く含まれています。有害物質が体の中に入ると血液中の善玉HDLコレステロールを減らして、悪玉LDLコレステロールを増加させていきます。

タバコの有害物質が悪玉LDLコレステロールを酸化させ動脈硬化が起こりやすくなります。


タバコで生活習慣病である糖尿病や高血圧が悪化することもわかっています。1日1箱タバコを吸うだけで狭心症や心筋梗塞を患う確率が50%以上も上昇する可能性があります。

タバコを吸う事で動脈硬化が悪化することが理由としてあげられています。


タバコは健康に悪影響をおよぼすだけの嗜好品です。少しでも早く禁煙しましょう。

禁煙は難しいですが必ず達成出来ます。

禁煙中はタバコとの相性が良いコーヒーなどを控えるのもひとつの方法です。吸いたくなったら体を動かすなども有効です。


禁煙中に使うニコチンシール は体に貼ると一時的にニコチンの血中濃度が高くなるのでタバコを欲しくなくなります。

ニコチンシール を貼ったままでタバコを吸うと気分が悪くなり、頭痛がしたりします。


大きな病院は禁煙外来があるので受診するのもひとつの方法と言えます。


たばこをやめるのは簡単なことではありません。何度失敗しても諦めなければ禁煙は達成出来ます。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記
動脈硬化予防と改善
 ・体重のコントロール
 ・食事療法の効果
 ・運動の効果
 ・定期検査の目的
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。